少年漫画に戦う話が多くて少女漫画に恋愛話が多い理由

少女漫画ある日、ネットカフェにある漫画を見ていてふと疑問に思うことがありました。

それは少女漫画の内容が恋愛ものばかりなこと。

僕はこれまで少女漫画は読んだことがなく、特に意識したことなかったのですが、内容を見てみるとどれも恋愛ものばかり・・。

そこで、今回はなぜ少女漫画に恋愛ものが多いのかを調べてみました。

スポンサードリンク





 

少女漫画に恋愛ものが多い理由

 

すきっていいなよ

 

少女漫画に恋愛ものが多い理由。

これは男性と女性の恋愛観の違いでもあります。

 

男性にとって恋愛とはあくまで生活の中の一部です。

仕事、友達、趣味、食事・・。

それらの生活の1つとして恋愛があるだけです。

 

しかし、女性は違います。

女性は自分が主役やヒロインになりたいもので、常に自分が一番大切に思われたいという願望が強い生き物です。

だから生活においては何よりも恋愛を重視する女性が多いです。

男性のように生活の一部ではなくて、恋愛を中心に生活が回っているのが女性なんですよね。

 

それは日常の生活にもあらわれています。

飲み会など女性の話を聞いていれば分かるかもしれませんが、女性の会話の内容は圧倒的に恋愛話が多いです。

趣味や仕事の話で盛り上がる男性とは対照的に、女性の会話の中心は常に恋愛の話題です。

 

あの人はここがいいとか、ここが駄目とか・・。

あんまり突っ込みすぎていて、聞いてるこっちが少し怖くなりそうな内容もありますけど、(笑)

とにかくそういった話が大好きなのが女性です。

 

そして恋愛漫画を描いているのはほとんど女性です。

少女漫画に恋愛ものが多いのは、そういった意味では自然なことなのかもしれません。

 

少年漫画に戦いものが多い理由

 

ドラゴンボール

 

一方、恋愛ものばかりの少女漫画に多いのに対して戦うものばかりの少年漫画。

一般的にそういった漫画を“王道漫画”と言いますが、僕も含めた男性はこの王道漫画が大好きです。

週刊少年ジャンプの3大原則「友情・勝利・努力」とあるように、仲間と協力して努力して最後は相手に勝つ。

ドラゴンボール、スラムダンク、ワンピース、ナルト・・。

ジャンプで看板と言われてきた漫画にはどれもそういった側面がありました。

 

そういった王道漫画が男性に好まれる理由。

結論から言うと分かりやすいからです。(笑)

女性に比べて男性というのは、非常に単純な生き物です。

色々な複雑な事情が折り重なりあいながら、ハッピーエンドな結末を目指すような恋愛漫画とは違い、

少年漫画は単純に強いやつが勝って弱いやつが負ける。

とても分かりやすいんでよね。

ドラゴンボールでフリーザーが、「私の戦闘力は53万です」といった名言(?)がありましたが、あれこそ少年漫画の典型的な例だと思います。

強さは男性の象徴でもあります。

強さの象徴である主人公がいるからこそ、少年漫画は多くの男性に愛されるのかもしれません。

 

まとめ

 

もっとも、最近は男性でも少女漫画を、女性でも少年漫画を読む人は多く、そういった区切りはなくなってきているのかもしれません。

進撃の巨人なんかは女性にも凄い人気でしたね。

昨今の状況を見ていると、

結局、漫画は面白ければ男女問わずに読まれるものなのかもしれませんね。

スポンサードリンク





コメントを残す