黒田の親友 メジャー最強左腕クレイトンカーショウのすごさ

クレイトンカーショウメジャーで最高の投手は誰??

バーランダー、プライス、ダルビッシュ・・。色々な投手が出てくると思います。

しかし、最も多い答えはこうでしょう。「クレイトンカーショウ」

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名 クレイトンカーショウ

生年月日 1988年3月19日

出身地 テキサス州ダラス

年棒 2200万ドル (32億円)

所属 ロサンゼルスドジャース

 

実績

 

カーショウ

 

リーグMVP1回、最多勝利2回、最優秀防御率4回、最多奪三振2回、サイヤング賞3回。

 

これがカーショウのこれまで獲得してきた主要タイトルの数々です。

カーショウは2008年にメジャーデビューしていますから、メジャーでの活躍期間はだいたい6年。

6年でこのタイトル数はちょっと異常すぎますね・・。

特に2011年に投手3冠を達成して以降、4年連続防御率王を獲得するなどさらに実力に磨きがかかり、現在メジャー最強投手の名を欲しいままにしています。

 

なお年棒も32億円と桁違い!!

僕にも少し分けてほしいくらいです・・。(笑)

 

ピッチングスタイル

 

カーショウは非常にオードソックスなタイプの投手です。

球種は主に、

フォーシーム(150キロ前後)
スライダー
カーブ
チェンジアップ

と特別多いわけではなく、フォーシームも特別速いわけではありません。

それでもメジャーの打者はカーショウの球が打てない。

 

カーショウが打たれない理由。

それは、球の回転にあります。

 

レッドソックスのクローザー上原浩二を参考にしてみるといいかもしれません。

 

上原

 

上原はクローザとして抜群の成績を残していますが、投げる球種はフォーシームとSFFの2球種のみ。

そしてフォーシームの球速は140キロ前後と、メジャーではかなり遅い部類に入ります。

しかし、上原はSFFとのスピード差、フォーシームの回転の良さによって打者を振り遅らせることに成功しています。

以前解説を務めていた川崎宗則さんが「上原さんのフォーシームは体感165キロ」と言っていたように、実際に打席にたった打者は、かなり上原の球を速く感じるようです。

 

そしてカーショウのフォーシームの球の回転は、その上原の回転をさらに上回ります。

上原以上に球の回転が良く、球速も10キロほど速い。

そして緩急の効いた変化球も抜群。

打者にとってカーショウのフォーシームは、とんでもない剛速球のように感じているのではないでしょうか。

 

こちらがカーショウの動画↓

 

こちら動画を見てもらうと分かると思いますが、フォーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップを万遍なく使い打者を抑えていきます。

カーショウにとっては、全ての球がウイニングショットなんですよね。

どんな球でもカウントが取れて、三振が取れる。

そういった意味では、タイプは違いますが昔レッドソックスのエースだった「ペドロマルティネス」に似た投手かもしれません。

 

黒田の親友

 

カーショウ

 

 

そんな完璧すぎる投手のカーショウですが、実は今季広島に復帰した黒田博樹の親友でもあります。

年齢こそ離れていますが、お互いにメジャーデビューは2008年ということもあって、2人はお互いに尊敬し合う仲になっていったようです。

黒田がヤンキースに移籍してから、一度ドジャースタジアムで投げ合った際も、黒田を「アメリカンリーグのベストピッチャー」と称するなど、カーショウは今でも黒田の事をとても尊敬しています。

 

以前にはインタビューで、「俺は引退したら広島カープでファーストを守るつもり」と語っていたこともありましたので、(笑)

カーショウが将来日本に来てくれる可能性があるかもしれません。

スポンサードリンク





コメントを残す