ロックマンシリーズはなぜ発売されなくなってしまったのか

ロックマンいわずとしれた人気ゲームシリーズロックマン。

今冬に発売された、WiiUのスマッシュブラザーズにも登場するなど、人気のゲームキャラクターでありますが、2010年に発売された「ロックマン10」を最後に、それ以降は新作が出ない状況が続いています。

 

子供から大人まで幅広い世代に人気を集めていたロックマンシリーズだけに、中にはガッカリしているファンもいると思います。

いったいなぜ、ロックマンシリーズは発売されなくなってしまったのでしょうか??

スポンサードリンク





 

ロックマンの生みの親が退社

 

ロックマン

 

ロックマンが発売されなくなった理由。

これには大きく分けて2つあります。

 

1. 稲船敬二さんの退社

 

稲船

 

ロックマンの“生みの親”である稲船敬二さんがカプコンを退社したこと。

これがロックマンが発売されなくなった理由のほぼ7割くらいを占めていると思います。

 

1987年に初代ロックマンが発売された時から、20年以上に渡ってロックマンシリーズを作ってきた稲船さんでしたが、2010年にカプコンを退社。

それ以降、開発中だったロックマンDASH3も発売中止になってしまい現在まで音沙汰なしの状態が続いています。

 

僕は内部の人間ではないのであまり詳しいことはわからないのですが、記事を読む限りでは、稲船さんはクリエイターとしては凄く優秀なのですが、同時にすごく我が強い部分があって、そこで人間関係にトラブルが生まれてしまったのかなと思います。

実際にロックマンDASH3に関しての発表を2010年9月に行い、カプコンを辞めたのがその1ヵ月後の10月。

辞めた時期が時期だけに色々考えてしまいますね・・。

 

個人的にはロックマンDASH3を楽しみにしてただけに、当時の失望はかなり大きかったです。

 

2. 売上の低迷

 

もう残りの3割くらいの理由が、ロックマンシリーズの売上が下がってきたのが原因だと思います。

 

ロックマンシリーズには、

ロックマン(無印)

ロックマンX

ロックマンゼロ

ロックマンゼクス

ロックマンDASH

ロックマンエグゼ

流星のロックマン

といった数々のシリーズがあります。

 

中でも、

 

ロックマン(無印)

ロックマン

 

 

ロックマンエグゼ

 

ロックマンエグゼ

 

 

は絶大な人気を誇っており、今でも続編のシリーズの発売を待ち望んでいるファンがいるほどです。

 

そんな長年人気を誇ってきたロックマンシリーズですが、最後に発売されたロックマン10は、売上がわずか3万本とかなり落ち込んでいたのもまた事実です。

カプコンを売上に関してかなり厳しい会社ですので、人気に陰りが見えていたロックマンシリーズを、稲船さんの退社と共に終わらせたとも考えられます。

 

まとめ

 

ロックマンが発売されなくなって5年。

昨年はスマブラに参戦、またWiiUのバーチャルコンソールにロックマンエグゼを配信するなど、今なお人気は健在のロックマンですが、開発中止の経緯を考えれば今後、カプコンからロックマンシリーズが発売される可能性はかなり低いと思います。

 

・・しかし、

今、面白い情報が出ていまして、

カプコンを辞めた稲船さんが現在作っているゲーム

 

mighty no.9

mighty-no-9-generaljpg-882e77

 

 

というソフトなんですけど、ロックマンにそっくりなんです。(笑)

こちらはその動画↓

 

ロックマンシリーズではないと言っていますが、これは・・。(笑)

でもなんだか嬉しくなってる自分がいます。

ロックマン新作を期待しているファンの方は、こちらを楽しみに待ってみるといいかもしれませんよ。

スポンサードリンク





コメントを残す