何が違う?? 大学デビューに成功する人失敗する人

大学デビュー大学デビュー。

これまで地味な学生生活を送ってきた人にとって、

大学生活というのは自分の人生を変える大きなチャンスです。

 

しかし、本当に大学に入って自分を変えられる人もいれば、これまでと変わらない人もいますよね。大学デビューに成功する人しない人、いったい何が違うのでしょうか??

スポンサードリンク





 

大学デビューはバレる

 

 

333

 

大学に入学すると、必ず周りには派手な髪の色や、茶髪でパーマがかかったような髪型にしているような人がいます。

また、服装もどこかのファッション雑誌に載っている人のような恰好をしていたりしています。

そういった“テンプレ”のような恰好をしている人。

それが大学デビューの人の特徴であります。

 

しかし、なかには“テンプレ”のような服装や髪形をしていても、それが似合っている人はいます。

おそらくその人達は、普段からそういった格好をしているので、それが様になっていることも多いのでしょう。

彼らはお洒落な服を、とてもかっこよく着こなします。

 

問題なのは、そのお洒落なはずの格好をしているのに違和感を感じる人

その人たちが大学デビューの人達です。

 

なんとなくわかってしまうんですよね、大学デビューの人。(笑)

人の第一印象って怖いもので、意外によく当たります。

 

あの人はオタクっぽいな、あの人はチャラそうだな・・。

これまで第一印象でそう思った人。

案外その通りな事が多かったのではないでしょうか。

 

大学デビューも同じです。

第一印象でなんとなくわかってしまうことが多いです。

 

大学デビューが上手くいかない理由

 

じゃあどんなにお洒落な恰好をしても、結局第一印象でわかるから意味はないのか。

と言われるとそんなことはありません。

 

第一印象というのは、視覚情報も含まれますので、当然お洒落な恰好をしていたほうがいいです。

ただし、それ以上に大切なのが立ち振る舞いです。

大学デビューな事がバレる最も大きな原因が、この立ち振る舞いにあります。

 

立ち振る舞いがいまいちな人って、

服装はお洒落なんだけど、どこかオドオドしていたり、人との話し方に違和感がありまくりなんですよね。

服装や髪形というのはすぐに変えられても、立ち振る舞いはこれまでの経験から形成されていくもの

いきなり変えることは難しいです。

 

いきなり自分を大きく変えようとする。

これが大学デビューがうまくいかない人の特徴であります。

 

少しずつ自分を変えていこう

 

222

 

上で述べたように、いきなり自分を大きく変えようとしてもうまくはいきません。

 

大学受験を勉強した人ならわかると思いますが、

1週間勉強したくらいでは大学受験には受かったりしませんよね。

 

大学デビューも同じようなものです。

自分をよく見せようとすれば、少しずつ経験を積んでいくしかないのです。

 

ですので、僕は今の自分より少しだけ背伸びしてみることをお勧めします。

昨日より今日、今日より明日。

1日1日経験を積んで、少しずつ自分を良くしていって下さい。

 

そうすれば多少時間はかかるかもしれませんが、

自ずと立ち振る舞いも良くなり、大学デビューも上手くいくと思います。

 

大学デビューが上手くいかなかった人、これから大学生になる人は是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク





コメントを残す