メッシは本当に劣化してしまったのか

リオネル・メッシバルセロナのエースとして、長らく世界最高の選手として君臨してきたリオネルメッシ。

ところがここ数年は、一時に比べるとやや活躍に陰りが見えてきました。

本当にメッシは劣化してしまったのでしょうか??

スポンサードリンク





プロフィール

 

本名 リオネル・メッシ

生年月日 1987年 6月 24日 (27歳)

出身 ロサリオ(アルゼンチン)

年棒 2000万ユーロ

所属チーム FCバルセロナ

 

今シーズン限りでバルサ退団か

 

メッシが350億円でチェルシーに移籍か!?

先日、このニュースが世界中を駆け巡りました。

 

移籍の話がでた理由に、現監督のルイスエンリケとの確執とのことでしたが、

これまで下部組織時代からずっとバルセロナでやってきた選手が、この1件でバルセロナを去るとは考えにくいです。

 

それにメッシはバルセロナのエースで世界最高の選手。

いくら大金を積まれてもメッシの放出だけはありえないと個人的に思うのですが、

昨年のティトとの間にあった退団発言に続いて今回の移籍話。

 

移籍の噂すら皆無だった数年前に比べると、

メッシがバルセロナを去る日は少しずつ近くなってきているのかなとも感じています。

 

メッシは劣化しているのか

 

メッシ-ペップ

 

メッシは現在27歳

年齢的にはこれから徐々に下り坂に向かっていく選手だと思います。

実際、数年前のほぼ無双状態に比べると、最近はやや成績が下降気味にあります。

僕自身も、2012-2013年シーズン終盤に怪我して以降、運動量が少なくなり、スピードがやや落ちてきているかなと思います。

 

ただ、これはどの選手にも当てはまることで、どんな選手もいずれ衰える時期がきます。

メッシはバルセロナで毎年ほぼ全試合に出場していましたし、相手のマークは他の選手よりもかなり厳しい。

ですので、力が落ちてきたのはある意味で仕方ないことなのかなと思います。

 

またバルセロナのチーム状態にも影響されている部分があります。

ペップグアルディオラが率いた頃のバルセロナに比べて、

確実にチーム力は落ちてきています。

その中で、ペップ時代と同じ結果を求められているのは少し酷な事かもしれません。

 

自身の劣化とチームの劣化。

その2つが重なってしまい、現在メッシはより衰えた選手だと見られてしまってるのではないでしょうか。

 

今が売り時なのか

 

メッシ 1

 

先日メッシにチェルシー移籍報道が出ていましたが、その移籍金の額が推定350億円

正直、27歳でこれから力の衰えていく選手には破格の金額でしょう。

バルセロナにはネイマールという若きエースもいますので、今が売り時だという声がでるのも頷けます。

実際に全エースのロナウジーニョをバルセロナが放出したのは、ロナウジーニョが28歳の時でした。

 

メッシを売って新たなサイクルに突入する。

それが正しい判断なのかもしれませんが、個人的には反対です。

 

すでに劣化が始まっているとはいえ、メッシは今でも世界最高の選手です。

実際に、今シーズンバルセロナでゴール、アシストともにチームトップな事を考えても、

ここでメッシを手放すのが得策だとは思えません。

 

また、デビューからずっとメッシを見てきた僕としては、このままバルサで引退してほしいというのが正直な感想です。

 

勿論、バルセロナ>メッシですので、チームが放出すると決めたらそれはそれで仕方ないのですが、出来ればエースメッシとして、もう一度最強のバルセロナを見たいですね。

 

スポンサードリンク





コメントを残す