大谷翔平のメジャー挑戦はいつになるのか ?

大谷翔平昨年投手として10勝。野手としてHR10本。

二刀流プレーヤーとしてリーグを代表する選手へと成長した大谷翔平。

そんな彼がメジャーに挑戦するのはいつになるのでしょうか??

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名  大谷翔平

出身地  岩手県奥州市

生年月日  1994年 7月 5日

身長  193cm

体重  90kg

出身高校  花巻東高校

ドラフト 北海道日本ハムファイターズ2012年ドラフト1位

 

今季はほぼ投手専念??

 

大谷翔平といえば、球界で唯一無二の二刀流プレーヤー

投げてはMAX162kmの豪速球。売っては140mの特大アーチ。

投打ともに天才的な才能をもつ大谷ですが、気になるのは二刀流をいつまで続けるのかという点です。

昨シーズン、野手は勿論ですが、それ以上に投手としての成長が目覚ましく、日本ハムのエースとしての地位を確立しましたから、今シーズン日本ハムはおそらく大谷を先発の軸として使っていくと思います。

先発の軸で使うということは、相手のエースと投げ合うということ。

そうなってくると、昨年以上に緊迫した展開での投げ合いが多くなってくることになります。

 

日本ハムとしては大谷が投げる試合で落としたくないでしょうし、大谷自身も負けたくはない。

必然的に来季は、8:2もしくは9:1くらいの割合でほぼ投手専念になるのではないでしょうか。

 

メジャー挑戦は投手 野手??

 

大谷

 

大谷に関してもう一つ気になるのが、メジャーでは投手か野手かの選択。

上に書いたように、僕個人の見解としては来季はほぼ投手に専念することになるので、メジャー挑戦になると投手ということになります。

 

実際、メジャーのスカウトも欲しがってるのは、投手としての大谷で、日本ハムの先輩にあたる現レンジャースのダルビッシュ有も大谷がメジャーに行くなら投手だと断言されていました。

僕個人もずっと大谷は投手だと思っていて、160kmを超えるストレートを投げる先発投手はメジャーでも決して多くはいません。(というかほとんどいない)

また140kmを超すスピードで落ちるSFFを持っている大谷は、メジャーの打者相手でも奪三振の山を築く可能性を秘めています。

そしてまだまだ成長途上にあるという点。

ほぼ完成しきったバッティング技術に比べて、まだまだ成長途上にある投手の方がより大きな可能性を感じるところからも大谷は絶対に投手だと考えます。

 

気になるメジャー挑戦の時期は??

 

そんな大谷がメジャーに挑戦する時期なのですが、結論からいうと今から2年後のちょうど2016年オフになると思います。

大谷はもともと高校卒業後にメジャー挑戦を表明した背景を考えると、できる限り若い年齢でメジャーに挑戦したいという思いがあったはず。

 

そんな大谷がベストな段階でメジャーに行けるのが、ちょうどプロ4年目が終わった後の22歳の時ではないでしょうか??

 

今季ほぼ投手専念するとして、昨年以上に投手として良い成績を残し、そして来季から完全に投手専念で1年間やってメジャー挑戦にする。

 

ダルビッシュ有が沢村賞を獲得したのが、3年目。

田中将大が沢村賞を獲得したのが、5年目。

メジャー挑戦が噂されている前田健太が沢村賞を獲得したのが4年目。

 

来季3年目を迎える大谷にとって、このあたりの選手の成績が目安になってきます。

もし、来季大谷が上の3人級の活躍をすることができるのなら、来年にもメジャー挑戦がありえるかもしれませんね。

スポンサードリンク





コメントを残す