なぜ中井卓大は試合に出れて久保建英は出られないのか

久保建英バルセロナの下部組織に所属している久保建英が今、苦境に立たされています。

未成年選手の獲得に違反を犯したとして、現在1年半の間試合に出ることができずに練習だけの毎日。

久保君は今後どうなってしまうのでしょうか??

スポンサードリンク





久保建英の現在

 

1年半試合出場なし。

これが現在久保君の置かれた立場です。

13歳の少年にとって、試合に出ることは何よりの成長の機会です。その成長機会を奪われているのは、久保君にとって何よりも辛いことだと思います。

FIFAからの処分が撤回されない限り、久保君がバルセロナで公式戦に出場できるのは18歳になってからということになります。

成長の時期に5年間試合に出場できないということは、サッカー選手になる道をほぼ絶たれることに等しいことです。

現在の状況が続く限り、いくらバルセロナに所属しているとはいっても退団せざるを得ないのではないでしょうか。

 

ただここで気になるのが、レアルマドリードに所属している中居卓大の存在です。

 

なぜ中居卓大は出場できるの??

 

mini_130926_0137

 

久保君は13歳で、中居君は11歳

年齢を考えれば中居君も未成年なので、18歳までは公式戦には出場できないことにになります。

 

ところが中居君は現在レアルマドリードで公式戦に出場できている。

 

なぜ中居君は出場できるのか。

これに関しては、FIFAがレアルマドリードにはまだ罰を与えていないからというのが理由になります。

 

今後、FIFAからの調査が入れば、レアルマドリードも罰を受けることになり、中居君は試合に出られなく可能性はありますが、個人的に恐らくそれはないと思います。

なぜなら、違反を犯しているのはバルセロナだけでなく、それ以外にもたくさんのクラブがそういった事はしています。

ただその中で、バルセロナはそういった事例が多かったクラブだったので、見せしめとしてバルセロナを処分の対象としたというのが一般的な見方です。

 

もし違反をしているクラブを全て罰していけば、ヨーロッパ中のほとんどのクラブが違反になってしまいます。

ですので、中居君は今後も普通に公式戦に出場できると思います。

 

日本人がヨーロッパのビッグクラブで活躍できるのは素直に嬉しいことなのですが、正直バルセロナファンの僕としては、かなり不公平感を感じています。

同じことをして、片方だけが許されて、もう一方は許されない

こういった事があってもいいのでしょうか??

 

これだと、レアルマドリードは随分と優遇されているクラブという印象を持たざるを得ません。

FIFAには今一度、よく考えてほしいものです。

 

海外留学は認めるべき

 

バルセロナだけが処分の対象になったことは大いに不満なのですが、それ以上に不満なのが、未成年が海外のクラブでプレーすることを禁止している点です。

なぜ海外でプレーすることが駄目なのでしょうか??

 

野球やテニスなんか、未成年のうちから海外留学している選手は普通にいます。

 

TENNIS - ATP, US Open 2012

 

あの錦織圭選手も、中学の時にアメリカに留学して、現在の地位を築き上げてきました。

 

それに久保君は、バルセロナに行かされたのではなく、自らの意志でバルセロナに行くという道を選んだのです。

若いうちに留学するということは、むしろ奨励すべきことではないでしょうか。

 

僕はスポーツに国境の壁なんて必要ないと思います。

未成年だから駄目なのではなく、未成年をしっかりとサポートしてあげる制度を作っていく。

 

FIFAには今後、そういった制度を作っていってほしいものです。

 

スポンサードリンク





コメントを残す