井上尚弥の次戦はカルモナが有力!? 戦績と実力をチェック??

2世界WBOスーパーフライ級王者・井上尚弥の次戦の対戦相手が決まりそうです。

有力視されているのがダビド・カルモナ。

WBOスーパーフライ級2位の選手で、一筋縄ではいかない強敵です。

スポンサードリンク





 

右拳の故障は順調に回復

 

井上は昨年末にスーパーフライ級王者を懸けた戦いでナルバエスに圧倒的勝利も収めたものの、その試合で右拳を故障

2015年は未だに試合が出来ない状況が続いています。

しかしその故障もだいぶ回復してきたようで、早ければ今年の10月にもリングに立てる見込みらしいとのこと、、

年末の衝撃のKO勝利を見たボクシングファンとしては、また早く彼のリングに立つ姿が見たいだけにこれは嬉しい知らせです。

 

そんな井上の復帰戦となる対戦相手なのですが、どうやら情報によるとダビド・カルモナとの対戦が濃厚になっているようで、後は井上の復帰時期、金銭面で合意に至れば試合が行われるとのことです。

カルモナは先月に同級1位のパレナスと対戦して引き分け。

 

実力的にはこの階級で最強クラスといって間違いない相手で(一番強いと言われているのはIBF王者のアローヨ)、

 

「強い相手としか戦わない」

 

と発言していた井上にとっても申し分ない相手なのではないでしょうか。

 

ダビド・カルモナとの勝敗予想

 

2

 

 

26戦19勝2敗5引き分け (8KO)

これはカルモナのこれまでの戦績ですがKO率は31%とそこまで高くなく、戦績自体もそこそこといった具合ですね。

 

タイプとしては右のオーソドックスなタイプで、井上にとっては比較的戦いやすい相手ように見えます。

ディフェンスは案外うまい印象ですが、かといって頑丈なタイプではないですので、状況次第ではナルバエスの時と同じく早期KO勝利もありえるのではないかと思っています。

 

右拳の回復具合、試合勘は少し気になるところではありますが、いつも通りの井上ならまず負けることはないのではないでしょうか。

 

 

ロマゴンとは2016年に対戦か

 

話は少し別になりますが、井上と今もっとも対戦を望まれているである相手・ローマンゴンザレスとの試合は今年度はスケジュール的に難しく、対戦の可能性は来年度以降に持ち越しになるとのことです。

 

井上は現在軽量級最強の呼び声高いロマゴンに勝てる可能性のある数少ない選手だけに、日本のみならず世界中でも対戦が待ち望まれているカード。

強い選手とも積極的に対戦を希望している井上にとってもこれ以上ない相手だと思いますので、願わくば2016年に対戦が実現してほしいところですね。

スポンサードリンク





コメントを残す