巨人と阪神が1位指名!?  小笠原慎之介を巡るドラフト争奪戦

2高校No.1投手は誰かー。

色々な回答が出てきそうですが、2015年8月現在最も評価が高いのは東海大相模の左腕・小笠原慎之介ではないでしょうか。

彼を巡って今年の秋、ドラフトで狙う球団は数多く存在しそうな雰囲気です。

スポンサードリンク





 

高校No.1サウスポー

 

2

 

 

小笠原慎之介

優勝候補・東海大相模高校のエースナンバーを背負っている投手で、高校No.1サウスポーとの評価も受けている今年の甲子園の主役候補の投手。

最速150kmのストレートを最大の武器とする、日本では数少ない剛腕サウスポーですね。

 

 

 

こちらは今年の夏の神奈川予選での投球なのですが、下半身がかなりしっかりしていていますが昨年の夏より若干体が細くなったような印象を受けました。

 

投球の特徴は6~7割の割合を占めるストレートを軸に、時々タイミングを外すチェンジアップが2割、そしてスライダーが1割ほどでしょうか。

右バッターの内角のどんどん突いていくクロスファイアーのストレートをかなり魅力的で、スピードが出ている日なら高校生では攻略するのがかなり難しそうです。(ちなみにこの日に自己最速150kmを計測)

制球も安定していて、それほど大崩れするようなタイプではなさそうですので、プロでも先発ローテーションの1角を担えるポテンシャルは十分ですね。

 

ただ、変化球に関しては、同じ東海大相模のチームメイト・吉田凌の縦に大きくスライドするスライダーのような絶対的なウイニングショットは持っておらず、この辺りの精度向上は今後の課題かもしれません。

 

巨人が大本命!?

 

サウスポーで150km投げられるだけでも十分上位指名の可能性は高いのですが、そこに制球力まであると来たらプロの球団が黙っているはずありません。

各球団が獲得に動きを見せている噂が流れる中、現時点で小笠原の1位指名を最も有力視されているのが巨人

 

小笠原慎之介といういかにも巨人っぽい名前、

原監督や菅野の母校である東海大相模に所属していること、、

中学時代にジャイアンツカップで優勝した経験などなど・・、、、

偶然なのか必然なのか・・、何かと巨人と縁が強そうな出来事が続いていますのでこのまま巨人入りするのではないか思いたくなってしまいます。(笑)

 

しかし、予選の投球を見て絶賛の評価を下した阪神、地元神奈川の逸材が是非ともほしい横浜DeNAなど、、

小笠原がいい投球をすればするほど欲しがる球団はどんどん増えてきており、このままいけば秋のドラフトでは競合になる可能性がありそうです。

 

高校No.1サウスポーを獲得できる球団はどこになるか、今年のドラフトの楽しみの1つですね。

 

 

まとめ

 

甲子園大会はもうすぐ開幕。

チームメイトの吉田と共に、東海大相模を甲子園に導けるか注目です。

スポンサードリンク





コメントを残す