清宮幸太郎は阪神入り希望!? 進路は大学かプロ??

2清宮幸太郎。

今、日本で一番話題になっている選手でもあり、2年後のプロ入りが確実視されている才能の持ち主でもあります。

今回はそんな清宮の、ちょっと気になる噂について紹介していきます。

スポンサードリンク





 

規格外の才能

 

2

 

 

「清宮が猛打賞を記録」

「清宮が高校通算12本目のHRを放つ」

 

連日のようにマスコミに追われ、そして試合の1打席1打席が注目される。

かつて1年生でここまで期待されていた選手は僕の中では彼が初めてですね。(西東京予選の段階での注目度)

 

東京北砂リトル→調布シニアといわゆるエリートコースを歩み、そして今年の夏から早稲田実業に入学した清宮は既に高校野球最大のスターとして甲子園大会に出場する今回、どんな打撃を見せてくれるのかかなり楽しみであります。

体型を見る限りややぽっちゃりしていてまだまだ体ができていない印象を受けますが、それでも打撃技術は高校1年生のレベルをはるか超えていて、プレッシャーに襲われることがなければそれなりの活躍ができるのではないでしょうか。

 

2

 

 

これは打撃フォーム時の画像なのですが、結構足を高く上げますね。

 

一本足のような、振り子のような、、

体型も含めて巨人の阿部慎之助にかなり似ているように思います。

 

2

 

 

インコースのうまい打ち方、ストレートに滅法強いところなんかも阿部とよく似ていて、長距離砲というよりはヒットの延長がホームランタイプの打者のように見えますね。

 

清宮本人は阪神ファン

 

規格外の才能を持ちスター性も抜群。

となると当然気になるのが2年後のドラフト

 

現時点でドラフト指名が確実視されている清宮ですから、このまま順調な成長を続ければドラフトでは競合になる可能性が高くなるのですが、どうやら清宮には意中の球団があるようで、、

それが・・、

 

5

 

 

“阪神タイガース”です。

猛虎魂を感じますね。(笑)

清宮自身は小学生時代からずっと早稲田で育った、、いわゆる“早稲田っ子”ではありますが、ラガーマンであった父親・清宮克幸さんは大阪出身で大の阪神ファン。

その影響もあり、清宮は子供の頃から阪神ファンとして育ったようですね。

 

早稲田→阪神のルートで言えば、

 

鳥谷敬

 

2

 

 

上本博紀

 

2

 

 

の2人が在籍しており(注・・早稲田大卒)、

相性としては悪くないのではないでしょうか。

 

東京出身なら巨人が放っておかないような気もしますが、巨人と早稲田は色々と過去にあっただけに、案外指名しないような気もしています。

まあただ、競合ならばクジなので、どこに行くかがなんですけどね。(笑)

 

 

早大→メジャーのウルトラCの可能性

 

上にプロ入りが確実視だと書いたばっかりなのですが、それ以外の選択肢があるのかを考えてみると、早稲田大学に進学してからメジャー挑戦というプランがあっても面白いかもしれません。

というか過去に一度、

 

「将来の夢は、早実で甲子園に出場して、(早稲田)大学に行って、そしてメジャーリーガーになることです」

 

と語っており、可能性は限りなく低いですが0%ではないと思っています。

ちなみに清宮の憧れの選手はヤンキースのA-rodこと“アレックス・ロドリゲス”とのことで、、

ボストンファンの僕としては非常に残念な回答ですが・・、はやくメジャーで活躍するところも見てみたい気持ちもあります。

 

「早稲田大学にいった選手は伸び悩む」

 

近年プロ野球選手の実績からそんな声もチラホラでていますが、それは投手に多く、野手はむしろ活躍しているほうではないかと思っていますので進学については特に心配はないのではないでしょうか。

しかし彼ほどの逸材が大学に行くのは勿体ない気もします・・。

 

まとめ

 

色々と将来予測を書きましたが清宮はまだ1年生。

体もまだできていないですし、これからどんな成長を遂げるかは分かりません。

どうかプレッシャーに潰されることなく、順調に成長を遂げてほしいものですね。

スポンサードリンク





コメントを残す