2015年夏の甲子園の日程・注目選手を紹介!!

2ついに真夏の8月になりいよいよ甲子園大会がスタートしますね。

今年は大会100周年ということで、記念すべき大会をどこが制するのか例年以上に注目が集まっています。

そんな期待の今大会の日程、注目選手を紹介していきます。

スポンサードリンク





 

大会日程

 

■第1日:8月6日(木)

▽1回戦

10:30 鹿児島実高(鹿児島)vs.北海高(南北海道)

13:00 岐阜城北高(岐阜)vs.中京大中京高(愛知)

15:30 宮崎日大高(宮崎)vs.上田西高(長野)

 

■第2日:8月7日(金)

▽1回戦

8:00 花巻東高(岩手)vs.専大松戸高(千葉)

10:30 霞ケ浦高(茨城)vs.広島新庄高(広島)

13:00 九州国際大付高(福岡)vs.鳴門高(徳島)

15:30 東海大甲府高(山梨)vs.静岡高(静岡)

 

■第3日:8月8日(土)

▽1回戦

8:00 早稲田実高(西東京)vs.今治西高(愛媛)

10:30 敦賀気比高(福井)vs.明徳義塾高(高知)

13:00 大阪偕星高(大阪)vs.比叡山高(滋賀)

15:30 下関商高(山口)vs.白樺学園高(北北海道)

 

■第4日:8月9日(日)

▽1回戦

8:00 津商高(三重)vs.智弁和歌山高(和歌山)

10:30 天理高(奈良)vs.創成館高(長崎)

13:00 滝川二高(兵庫)vs.中越高(新潟)

15:30 明豊高(大分)vs.仙台育英高(宮城)

 

■第5日:8月10日(月)

▽1回戦

9:30 健大高崎高(群馬)vs.寒川高(香川)

12:00 岡山学芸館高(岡山)vs.鳥羽高(京都)

▽2回戦

14:30 龍谷高(佐賀)vs.秋田商高(秋田)

 

■第6日:8月11日(火)

▽2回戦

8:00 鳥取城北高(鳥取)vs.鶴岡東高(山形)

10:30 関東一高(東東京)vs.高岡商高(富山)

13:00 石見智翠館高(島根)vs.興南高(沖縄)

15:30 三沢商高(青森)vs.花咲徳栄高(埼玉)

 

■第7日:8月12日(水)

▽2回戦

8:00 東海大相模高(神奈川)vs.聖光学院高(福島)

10:30 遊学館高(石川)vs.九州学院高(熊本)

13:00 作新学院高(栃木)vs.第1日勝者から抽選で決定

 

1回戦で注目は大会第3日目の8月8日。

怪物・清宮幸太郎擁する早稲田実業、春夏連覇を狙う敦賀気比、全国屈指の名門・明徳義塾、予選で大阪桐蔭を破った大阪偕星高など強豪校がズラリ。

優勝候補に挙げられている仙台育英は大会第4日目、東海大相模は大会第7日目となっています。

 

注目選手紹介

 

1. 清宮幸太郎

 

2

 

 

1年生にして大会再注目選手と言っていいでしょう。

予選から毎試合の成績がYahooニュースに載るなど既に知名度は全国区で、清宮フィーバーが起こっているといっても過言ではないと思います。

 

予選の成績は20打数10安打で打率500. 打点は10と1年生にして既にチームの中心打者。

清原、松井、中田以来の超高校級スラッガーの甲子園デビューはどうなるのか今から楽しみでしょうがありません。

清宮に関する記事はこちら→清宮幸太郎は阪神入り希望!? 進路は大学かプロ??

 

 

2. 平沼翔太

 

5

 

 

春夏連覇を狙う敦賀気比のエースで4番を務める平沼も今大会の注目選手。

昨年夏もエースとして甲子園を経験しており、3度目となる甲子園では大会の主役としての活躍が期待さています。

 

打撃も抜群で俊足、、野球センスの塊といった点では高校時代の前田健太(現広島カープ)に被るものがあり、全てのプレーで観客を楽しませることができる選手ですね。

 

 

3. 吉田凌&小笠原慎之介

 

 

 

8

 

5

 

東海大相模のWエース、吉田凌と小笠原慎之介の剛腕コンビにも期待がかかりますね。

昨年から先輩の青島、佐藤と共に140kmカルテットを形成していた2人はさらにスピードを磨き、吉田は最速151km小笠原は最速150kmと共に大台に到達するなど今秋のドラフトでも上位指名が予想されている超逸材です。

 

2人のエースが東海大相模を甲子園の頂点に導けるか注目です。

 

吉田凌の詳しい記事→大阪桐蔭も狙った逸材・吉田凌 スライダーの威力や東海大学について

小笠原慎之介の詳しい記事→巨人と阪神が1位指名!?  小笠原慎之介を巡るドラフト争奪戦

 

 

4. 佐藤世那&平沢大河

 

2

 

5

 

 

東海大相模と並ぶ優勝候補の一角である仙台育英の投打の柱・佐藤と平沢のコンビも注目です。

佐藤は高校生離れした2種類のフォークボールを操る投手で、平沢は大会No.1の評価もある完成度の高い野手。

選抜では惜しくも敗れ去ったものの、雪辱を誓う今大会では爆発を期待したい選手です。

 

選抜大会での2人に関する記事→佐藤世那と平沢大河 仙台育英の投打の柱に注目!!

 

 

5. 林賢弥

 

2

 

 

個人的に一押ししたい選手が健大高崎の林。

右に左に警戒なステップを誇る守備も魅力的なのですが、林の武器は何といってもその

“機動破壊”の象徴選手として、大会盗塁の新記録更新を狙います。

 

まとめ

 

それ以外にも多数有名な選手がいるものの、個人的に注目したい選手は上にあげた7人ですね。

大会でどんな活躍を見せてくれるのか今から楽しみです。

 

大会展望記事はこちら

2015年夏の甲子園出場校決定!! 出場校一覧と優勝候補を紹介

スポンサードリンク





コメントを残す