探偵の探偵第1話のあらすじと感想 伏線だらけで展開早い・・

5本日より始まりましたドラマ「探偵の探偵」。

ミステリードラマが好きな僕としては、前々から楽しみにしていたドラマなんですが、予想以上にアクション要素が強いドラマでしたね。

というわけで第1話のあらすじ・感想について書いていきます。

スポンサードリンク





 

第1話のあらすじ・感想

 

5

 

 

「離してください!! わ、わたしの妹なんです・・!!」

始まりはミステリーの王道と言うべきか、動機づけと言えばいいでしょうか。

 

主人公の紗崎玲奈(北川景子)の妹が何者か(ストーカー)によって殺害されるという事件がおきます。

妹は殺害したストーカーに追われていたようで、玲奈含む家族は身元を隠していたようなのですが、ストーカーが雇った探偵によって身元を割り出されたことが今回の殺害の原因になったとのことでした。

 

その事実を知った玲奈は探偵の全てを知るため、そしてこの事件の引き金になった探偵の居場所を突き止めるために探偵になることを決意。

「スマ・リサーチ」の探偵専門学校で学んだ後、その会社の「対探偵課」という新しい部署・・、というか玲奈のために作ったのかどうかは分かりませんが、“探偵を追う探偵”として仕事を始めます。

 

「対探偵課」の仕事を初めてから1年、玲奈のバディとして峰森琴葉(川口春奈)「スマ・リサーチ」に入社。

まだ右も左を分からないまま琴葉は一度玲奈の尾行の仕事につき合うことになるのですが、そこで行われていた仕事の内容に命の危険を覚えすぐに辞めたくなってしまいます・・。

 

まあ辞めたくもなりますよね。

相手を追いかけマンションに不法侵入、そしてそこで椅子や本などで派手な喧嘩・・。

男でもやりたくはありません。(笑)

しかし寮で偶然見つけた玲奈のアルバム(?)を見た琴葉は仕事を続けることを決意。(理由は後にわかる)

 

仕事の方に話を戻しまして、前回の尾行事件(罠だった)の際に入手したメモから玲奈が阿比留探偵事務所の社長・阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)に命を狙われていることを知ります。

 

2

 

 

なんかこういう悪役よくいますよね。(笑)

 

この阿比留という男、どうやら最近有名な探偵らしく多数のメディアに取り上げられている有名探偵

・・のはずなのですが、有名探偵というのは表の顔で、本性は自分の利益のためには詐欺や犯罪も厭わない自己顕示欲の塊のような男でした。

 

しかしメディア効果もあるのか警察の捜査にも協力するため警察には信頼されているようで、遺産相続トラブルの捜査を依頼され見事数日で解決。

・・したはずでしたが、それが詐欺であり、多額の利益を得ようとしたことを玲奈に見抜かれてしまいます。

 

 

その後、玲奈と阿比留は一度対面したのですが、その際に阿比留が玲奈の妹に関する事件の存在を告白。

妹の事件について何等かの事実を知っている阿比留と「対探偵課」である玲奈。

来週以降2人の対決が見られるかもしれません。

 

 

1話のあらすじはこんな感じですね。

まずこのドラマを見て思った感想は、北川景子役似合いすぎですね。(笑)

キリッとした顔立ちだからでしょうか、傷があるほうがかっこよく見えます。

 

まるでトゥームレイダーのララ・クロフトみたいな感じ・・、

 

5

 

 

まあこれはどうでもいいとして、(笑)

 

色々と展開の早い第1話でしたね。

阿比留、そして「スマ・リサーチ」社長・須磨泰臣、色々と闇のありそうな人物が多いのですが、それでもやっぱり気になったのは最後の琴葉の過去のシーン。

 

玲奈の妹の事件現場にどうしていたのか、2人は友達だったのか、そしてお揃いのキーホルダーをつけているがこれが意味するものは何なのか・・。

次回以降徐々に明らかになっていくとは思いますが、色々気になって仕方ありません。

 

個人的予想だと、ストーカー事件で探偵に尾行されていたのは玲奈の妹ではなく琴葉で、顔やキーホルダーがお揃いだったことから妹を間違って殺害したのではないかと思っています。

まあだったらどうなんだって話になるのですが・・。(笑)

 

次回以降も感想を書いていきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク





コメントを残す