ウィンブルドン2015のドロー(組み合わせ) 大会展望と優勝予想

2全仏大会が終わってすぐとなりますが、次の4大大会の1つウィンブルドンが始まりましたね。

4大大会の中でも最も知名度があり人気があるこの大会。

この大会の見どころと展望、優勝予想について紹介していきます。

スポンサードリンク





 

ウィンブルドン2015のドロー(組み合わせ)

 

2

 

 

参照 : WOWOW公式HP

シード選手 :  第1シード : ノバク・ジョコビッチ
第2シード : ロジャー・フェデラー
第3シード : アンディ・マレー
第4シード : スタン・ワウリンカ
第5シード : 錦織圭
第6シード : トマーシュ・ベルディヒ
第7シード : ミロシュ・ラオニッチ
第9シード : マリン・チリッチ
第10シード : ラファエル・ナダル

 

第8シードのダビド・フェレールは肘の怪我のため今回は欠場となり、我らが日本のエース・錦織圭は全仏大会に続き、今回も第5シードとなっています。

 

そして2015年絶不調のラファエル・ナダルはついに第10シードに・・。

過去10年で、最も偉大なテニスプレイヤーの1人だったナダルの現在の姿はやや寂しいものがあります。

しかし見方を変えればワウリンカ、錦織圭を筆頭に世代交代が進んでいると言えるかもしれませんね。

 

大会展望と錦織の成績予想

 

ウィンブルドンは過去12年、BIG4達による独占が続いています。

 

2

 

 

中でも第2シードのロジャー・フェデラーは過去7度の優勝を誇り、今大会でも有力な優勝候補にあがっていますね。

そんな独占的な状況を打ち破るべく、優勝が期待される錦織ですが、今大会は少々厳しいブロックに入っています。

 

まず最初に壁にぶつかりそうなのが4回戦で当たることが予想されるマリン・チリッチ

昨年の全米決勝で負けた相手だけに油断はできないですが、何とか昨年のリベンジを果たしてほしいところですね。

 

チリッチに勝てると次はベスト8になりますが、最大の山はこの準々決勝。

それもそのはずで相手は世界ランキングトップに君臨するノバク・ジョコビッチ

 

2

 

 

昨年の全米大会では勝利をおさめた錦織ですが、現在のテニス界で最強かつ最大の敵はこの男をおいて他にいません。

厳しい戦いが予想されますが何とか長期戦に持ち込んで、今回も粘り勝ってほしいところです。

 

そしてここも破って準決勝にいくと、次の相手は第7シードのラオニッチか全仏覇者のワウリンカ

 

3

 

 

錦織が苦手とするビッグサーバーを武器とする選手達だけに、できたら戦いは避けたいところですがおそらく勝ち上がってくるでしょう。

ビッグサーバーとの試合のポイントはとにかく相手をペースにさせないこと。

序盤からアクセル全開の高速テニスで先手必勝といってほしいところです。

 

そして最後に決勝

順当なら決勝の相手は上にも書いたフェデラーか地元のアンディ・マレー

 

2

 

 

僕個人の予想になりますが、マレーが勝ち上がってきそうな気がします。(根拠はありません)

マレーは錦織が最も苦手な選手の1人だけにできたら戦いは避けたいところですが、決勝まで来たら何とか勢い押し切ってほしいですね。

 

まとめ

 

勝ち上がりに関しては僕の予想になりますのでこの通りにはならないかもしれませんが、上に書いた相手を破ってきた相手ならどこが来ても難しい戦いになると思います。

 

しかしウィンブルドンはこれといったスペシャリストが少なく、ある意味でチャンスの多い大会かもしれません。

1戦1戦確実に、そして華麗に勝利を掴みとってほしいですね。

スポンサードリンク





コメントを残す