2015年夏の高校野球大阪予選の組み合わせ表・優勝候補について

7今年もこの時期がやってきましたね。

全国の高校球児たちが甲子園大会への切符をかけて戦う夏の地区予選大会。

今回はその中でも最激戦区の1つ、大阪予選を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク





 

いきなり履正社と大阪桐蔭が激突!!

 

7

 

75

 

 

日程 : 7月11日~7月29日

参加チーム : 計180チーム

球場一覧 : 球場花園中央公園野球場・舞洲ベースボールスタジアム・万博記念公園野球場・豊中ローズ球場・南港中央球場・住之江公園野球場・久宝寺球場・京セラドーム大阪

 

今年も180チームが参加と全国屈指の激戦区となっています大阪予選。

その中で何といっても注目なのが、初戦で激突することになった前年度の夏の覇者大阪桐蔭と大阪屈指の名門履正社

全国で唯一シード制を採用していない大阪ならではの現象というべきか、悲劇というべきか・・。

楽しみながらも初戦でどちらかが消える大会というのは寂しくも感じますね。

 

大会の展望と優勝予想

 

8

 

 

大本命は何といっても大阪桐蔭高校

過去府大会3連覇中にして昨年の全国覇者。

もはや大阪にとどまらず21世紀で最強のチームといってもいいくらいの風格を漂わせているこのチームを軸に今年も大会が進んでいくものと思われます。

 

大阪桐蔭といえば過去、中村、西岡、平田、中田、浅村、藤浪、そして森とこれまで幾多のプロ野球選手を輩出。

そんな大阪桐蔭で今年、一番期待したい選手が遊撃手の福田光輝君

身長175cm、体重70kgと体は決して大きくありませんが、それを補って余りある野球センスには目を見張るものがあります。

 

パンチ力があり、肩が強く、足が速い。

大阪桐蔭史上最強の一番打者と言われた浅村のような活躍を期待したいところですね。

 

 

そんな大本命大阪桐蔭と初戦から激突することになった履正社も有力な優勝候補の1つです。

昨年の秋から春にかけては中々思うような成績を挙げることは出来ませんでしたがそれでも選手たちの能力は抜群。

 

中でもエースの永谷君は最速149kmのストレートを投げるプロ注目の本格派右腕

強打大阪桐蔭を力でねじ伏せることができるのか注目したいところです。

 

 

個人的に注目しているのが大阪偕星学園

これまであまり聞いたことのない高校でしたが、春の大会では準優勝を飾るなどその実力は確かなものがあります。

何人かドラフト候補に上がりそうな選手もいるようで、夏の大会はどこまで勝ち進めるのか注目です。

 

それ以外にもPL学園や関大北陽、金光大阪といった実力校が数多くある大阪予選。

どこが大阪桐蔭の快進撃を止められるのか注目ですね。

スポンサードリンク





コメントを残す