WOWOWドラマ”ふたがしら” 原作のあらすじやネタバレ 

4再来週より放送がスタートするWOWOWドラマ「ふたがしら」。

人気原作のドラマ化、松山ケンイチさんが主演を務めることなどもあり注目が集まっている作品ですね。

今回はドラマのキャストや原作のあらすじや展開について紹介していきます。

スポンサードリンク





 

キャスト一覧

 

1.松山ケンイチ
2. 早乙女太一
3. 成宮寛貴
4. 奈々緒
4. 田口浩正
6. 芦名星
7. 村上淳
8. 山本浩司
9. 橋本じゅん
10. 品川徹
11. 國村重

監督 : 入江 悠
脚本 : 中島かずき

チーフプロデューサー : 青木泰憲
プロデューサー : 松永綾
平部隆明

 

主演は松山ケンイチさん。

 

7

 

 

映画「デスノート」で脚光を浴びてから9年。

今では女優の小雪さんと結婚して2児の父になるなどすっかり大人になった松山さんの演技に注目ですね。

 

成宮寛貴さんも出演するようですね。

 

7

 

 

「相棒」に出演してなかなかの演技を披露していた成宮さん。

今回は髪型が髪型だけにいつもと違ったイメージの成宮さんが見られるかもしれませんね。

 

それ以外にも早乙女太一さんや菜々緒さんといった豪華キャストが出演しますから楽しみな作品であります。

 

あらすじ

 

8

 

 

「ふたがしら」は漫画家オノ・ナツメさんの作品で、2011年ごろに「月刊IKKI」で連載がスタートして、現在は「ビッグコミックスピリッツ」増刊「ヒバナ」にて連載中となっています。

 

物語のあらすじを紹介していくと、
豪放な性格の弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)の対照的なコンビの2人は、八王子の飛脚問屋で働いていました。

彼らの裏の顔は“赤目”を名乗る盗賊の一味。

 

「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事。

赤目の頭(かしら)・辰五郎(國村隼)を敬愛する2人は、夜な夜な仲間とともに悪人の屋敷に忍び込み仕事に精を出しています。

 

だがある日、辰五郎は2人の手を取り、「一味のこと、まかせた」と言って息を引き取ってしまいます。

しかし、おこん(菜々緒)が預かった遺言状には、辰五郎の弟分・甚三郎(成宮寛貴)に跡目を継がせると記されていました。

納得のいかない2人は、赤目一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする。そう…「でっかいこと」を成し遂げるために!!

参照:公式HP

 

簡単に紹介するとこういった話です。

江戸時代をテーマにした“盗賊”がテーマというちょっと変わった話で、「でっかいこと」を成し遂げるために2人が旅をするという感じの物語ですね。

物語のネタバレを言いますと、

「でっかいこと」とは2人がもともといた賊よりも大きな盗賊グループを作ることで、その途中にいいことをしたり悪いことをしたりする物語となっています。

 

もっとも、ドラマでは多少オリジナル要素の強い作品になると思いますので原作とはまた違った面白さがあると思います。

放送開始は6月13日(土)となっています。

1話は無料で視聴できますので、気になる方は見てみるといいですよ。

スポンサードリンク





コメントを残す