全仏オープン2015 ドローとシード選手・優勝予想について

7いよいよ全仏オープンが始まりますね。

数年前までは、ニッチな人達くらいにしか思われていなかったテニスも錦織圭の台頭で随分メジャーになってきてくれて嬉しい限りです。

今回はそんな注目の全仏オープンの情報についてまとめていきます。

スポンサードリンク





 

ドロー

 

8

 

 

これが今回の全仏オープンのトーナメント表になります。

今回の日本人選手の出場は第5シードの錦織圭を筆頭に、添田豪、伊藤竜馬、西岡良仁、ダニエル太郎の計5選手が出場します。

 

今回は全員が右ブロック側にいますので、もしかすると日本人同士の対戦が実現するかもしれませんね。

 

主なシード選手

 

1. ノバク ジョコビッチ(セルビア)
2. ロジャー フェデラー(スイス)
3. アンディ マレー(イギリス)
4. トマシーュ ベルディヒ(チェコ)
5. 錦織 圭(日本)
6. ラファエル ナダル(スペイン)
7. ダビド フェレール(スペイン
8. スタン ワウリンカ(スイス) 
9. スタン バブリンカ(スイス)
10. マリン チリッチ(クロアチア)

 

一応人数が多いので今回は上位10選手のみの名前を挙げています。

しかし何回みてもこの中に錦織圭の名前があるのは嬉しさと共に感覚が麻痺しているような気分に陥ります。

なんたって錦織の名前の後ろにいるのあのナダルですからね・・、いやはや、こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。

 

上位10人のメンバーはもう多くの人に認知されていると思いますが、一応錦織のライバルになりそうなメンバーを挙げるとすれば、

 

第4シードのトマーシュ ベルディヒ

 

8

 

 

お互いが順当に勝ち進めば準々決勝で戦うことになる選手。

4大大会での優勝こそないものの、毎年安定して上位進出することでも知られています。

 

第8シードのスタン ワウリンカ

 

8

 

 

全豪大会で錦織の夢を砕いたワウリンカ。

クレーコートで行われる今回は錦織に分がありそうなので、リベンジしてほしいところですね。

 

それ以外にもフェデラーやジョコビッチ、昨年決勝で対戦したチリッチといった相手にも注目したいところですね。

 

優勝予想と注目選手

 

今大会の注目選手はなんといってもラファエル・ナダルをおいて他にいないでしょう。

 

8

 

 

僕がテニスを見るきっかけになった選手であり、BIG4の一角を占める言わずとしれた「クレーの王者」

過去10年の全仏大会で9度の優勝を誇り、現在は5連覇中

通算成績でも66勝1敗と、もはや神話と言えるレベルの成績を残している得意のクレーコートで今回も優勝が期待されています。

 

そして対抗馬に挙げられるのがジョコビッチ

 

8

 

 

現在テニス界の頂点に君臨するジョコビッチは意外にも全仏での優勝経験はありません

しかし、今回は“キング・オブ・クレー”のナダルが怪我と不調という、かつてないチャンスが巡ってきています。

 

自身全仏初制覇へ。

テニス界のボスが、クレーコートで大暴れするのか注目ですね。

 

同じく対抗馬として注目したいのがロジャーフェデラー

 

4

 

 

過去10年で唯一ナダルに黒星をつけたのがこのフェデラーだけに、今回も大金星を期待したくなります。

史上最高のテニス選手が健在であることを、全仏大会でも証明してほしいところですね。

 

そして我ら日本が誇る大スター錦織圭

 

7

 

 

個人的な見解ですが、錦織は今大会は全豪以上に優勝が狙いやすい大会だと思います。

理由はいくつかありますが、体力、パワーが大きく向上してロングラリーが多くなるクレーコートの戦い方をものにしつつあるのが期待したい一番の要因です。

錦織はもともとアメリカで育ったプレーヤーですので、最も得意なのは当然ハードコート。

そして慣れないクレーコートはこれまでかなり苦手としていました。

 

しかし、昨年バルセロナオープンを制したころからでしょうか。

身体の強化や体力の向上もあり、これまで以上に長くプレーをし続けることが可能になった錦織は、持ち味である多彩なショットを惜しみなく発揮。

球足の遅くなるクレーコートではパワー以上に技術が大切になってきますので、そういう意味では錦織にとってクレーコートというのは最もよさが発揮できる場所ように見えます。

 

ナダルの不調、多くの選手が苦労するクレーコートという存在・・。

今大会、錦織が優勝しても何も不思議ではありません

 

まとめ

 

色々書きましたが、言いたいことは3つです。

 

1. ナダルはクレーコートでは最強で、今回も優勝の大本命

2. しかし今年はナダルが不調のためジョコビッチやフェデラーが勝つかも

3. 錦織は実はクレーコートが得意で、優勝可能性は結構高い

 

誰が優勝するのか、今から楽しみですね。

 

スポンサードリンク





コメントを残す