川島永嗣の現在はベンチが定位置・・ 今夏の移籍可能性は100%??

1日本代表の正GK川島永嗣。

ガッツ溢れるプレイとその鍛え上げられた体で2010年以降日本代表のゴールを守る不動の守護神ですね。

しかし、そんな日本代表の正GKはクラブの方では苦戦の日々が続いています。

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名 川島永嗣 (かわしま えいじ)

生年月日 1983年3月20日

出身地 埼玉県さいたま市

身長 185cm

体重 82kg

所属クラブ スタンダール・リエージュ

 

ベンチ暮らしが続く現状・・

 

7

 

 

日本代表の正GKが苦しんでいます。

2012年に移籍した以来、常にチームの守護神としてプレーしてきた川島が、現在は第3GKとしてベンチにすら入れない日々・・。

昨年夏にはユベントスの移籍が噂されたり、超美人の奥さんと結婚したりと幸せの絶頂にいた男が、たった半年ここまで苦境に陥るとは正直想像できませんでした。

 

川島は現在32歳と、GKとしてはまさに脂が乗りきった年齢です。

そしてGKには大事と言われるコミュニケーション能力ですが、川島は7ヶ国後を操ると言われるほど語学が堪能な人ですから、とてもプレーに支障をきたしているとは思いません。

それではいったいなぜ、川島はGKのポジションを失ってしまったのでしょうか。

 

W杯から続くミスの多さ

 

7

 

 

ベルギーリーグは日本であまり人気がないため報道されることは少ないですが、川島は昨年ベルギーリーグNo.1GKと言われるほど充実したシーズンを過ごしていました。

そしてその状態のままW杯に突入。

 

年齢的にもピークの状態で迎えたW杯だっただけに、川島自身かなり気合が入っていたと思います。

しかし結果は予選敗退・・。

特に3戦目のコロンビア戦はかなり堪えたのではないでしょうか。

 

W杯が終わった後、所属クラブのリエージュ、日本代表の親善試合でミスを連発するようになり、クラブの成績不振により監督が解任されると、その後川島は新監督のもとでは現在の第3GKというポジションに降格になりました。

日本代表ではまだ正GKですが、昨年のウルグアイ戦、ブラジル戦のパフォーマンスを見る限り、正GKのポジションは安泰ではなくなっているのは間違いありません。

 

元々安定感が売りの選手で、PKストップ、足元の技術などには難がある選手でしたから、現在のようなミスの多い状態では悪いところしか目に映らないような状態となっています。

 

移籍して環境を変える

 

7

 

GKというのは基本的に固定されるポジションですから、現在の川島の状況を考えると今夏の移籍は避けられないと思います。

年齢的なこと、ベルギーリーグでの実績を考えると何等かのオファーはあるはずですから、できることならば今後も海外でプレーを続けてほしいところです。

 

川島の最大の武器は上にも書いたように安定感

そのためにはメンタルが非常に重要となってきますので、とにかく自分が正GKとしてプレイできる環境にあるチームに移籍するのがベストです。

窮地に立たされた日本代表の守護神が、この危機を脱してもう1皮剥けることを期待したいですね。

スポンサードリンク





コメントを残す