川崎宗則の2015現在の年俸と置かれた状況 来季は日本復帰??

7トロントブルージェイズ所属の川崎宗則。

甘いマスクと明るいキャラクターで、日本のみならず海外でも大人気の川崎ですが、2015年はまだメジャーに昇格していません。

現在の状況と、年俸、そして今後日本球界復帰の噂について色々と書いていきます。

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名 川崎宗則 (かわさき むねのり)

出身地 鹿児島県姶良市

生年月日 1981年6月3日

ドラフト 1999年ドラフト4位 (ホークス)

 

2015年のメジャー昇格は厳しい!?

 

 

 

7

 

 

2015年のメジャーリーグシーズンが開幕してから1ヵ月が経過しました。

川崎が所属しているブルージェイズは激戦ひしめく東部地区の中で最下位に沈んでいます。

勿論、最下位といっても借金はまだ2と全然巻き返せる状況なのですが、日本人として気になるのは川崎の動向です。

ここまでメジャー昇格はありませんが、今後の昇格の可能性はあるのでしょうか。

 

7

 

 

例年ならば、ブルージェイズの正遊撃手であるレイエスが故障してメジャーに昇格するというのが恒例のパターンだったのですが、今年はレイエスの故障による昇格はありませんでした。

より未来のある若手にチャンスを与えたいというブルージェイズの意図があったのかもしれませんが、レイエスの故障でメジャーに上がれないとなると、今後メジャー昇格の可能性は二塁手としての昇格のみになると予想されます。

 

現在のブルージェイズの正二塁手はトラビス

 

 

3

 

 

現在24歳のブルージェイズ期待の若手で、今年は開幕から3割を超える打率を残すなど好調。

今ではレイエスの代わりに1番打者として定着しているトラビスからレギュラーポジションを奪うのは至難の業です。

となると狙えるとしたらその控えのポジション。

しかしここにもゴインズといった強力なライバルがいるため、彼らに何等かのアクシデントが起こらない限りは川崎のメジャー昇格は厳しいのが現状です。

 

ファンの人気も高く、ムードメーカーとしての存在価値の高さは認識されているものの、メジャー昇格は叶わない。

メジャーの競争率の高さが垣間見えるところでもありますね。

 

現在の年俸

 

川崎は現在ブルージェイズとマイナー契約を結んでいますが、気になのはどれくらいの年俸を貰っているかということです。

日本時代は、2億円を超える年俸を貰っていて名実ともに一流プレーヤーだった川崎ですが、どうやらマイナーではそうもいかないようです。

アメリカはドル表記になりますので多少の誤差はありますが、調べてみた限りでは今年の川崎の年俸はだいたい44~60万ドルとのことです。

日本円に直すと4000万~6000万といったところですね。

これが今後メジャー昇格などになると、出来高制で少し増えていくとのことなのですが、いずれにしても日本時代に比べると厳しい事情なのは間違いないようですね。

 

「イチロー選手と一緒にプレーしたい」

 

そう発言して海を渡った川崎ですが、その裏には大きな覚悟があったことが現在の状況から伺えます。

 

来年日本球界に復帰!?

 

7

 

 

大きな覚悟をもって海を渡ってから4年。

まだまだメジャーの舞台で活躍する川崎がみたいというのが本音ですが、今のブルージェイズの状況、そして33歳という川崎の年齢を考えても今年がアメリカでプレーする最後の年になるかもしれません。

 

日本での実績は抜群の川崎ですから、おそらく日本球界からのオファーには困らないでしょう。

実際昨年にも、古巣であるソフトバンクから巨額のオファーが届いていたとのことですので、川崎が日本球界復帰を決めた際には争奪戦間違いなしですね。

 

いずれにしてもシーズン後には去就が注目される川崎ですが、とにかく現在はメジャーに昇格して、はやく活躍するところを見たいですね。

 

スポンサードリンク





コメントを残す