藤浪晋太郎が筋肉増強に成功!? 球種や平均球速について

5阪神の若き右腕藤浪晋太郎。

高卒ルーキーながら2年連続二桁勝利を達成して、名実ともに阪神のエースのポジションに着実に近づいています。

今回はそんな藤浪についての情報をまとめていきます。

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名 藤浪晋太郎 (ふじなみ しんたろう)

出身地 大阪府堺市南区

生年月日 1994年4月12日

身長 198cm

体重 88kg

年俸 8500万円

 

筋肉増強に成功!?

 

8

 

 

藤浪の身長は198cmとかなり長身です。

しかし体重は88kgと身長の割には随分と細見だったもので、今後の改善が期待されていました。

 

そしてドラフトから阪神に入団して今年で3年目。

少しずつですが、体が大きくなってきている印象です。

 

5

 

 

こちらが今年のキャンプで練習している時の藤浪なのですが、体重は公式にある88kgから92kに増量、そして何より胸板がかなり大きくなっています。

ルーキー当初は体重が86kgだったので、今と比べてみると違いが一目瞭然です。

 

こうして藤浪を見ていると思いだすのは現テキサス・レンジャースのダルビッシュですね。

 

 

 

5

 

 

ダルビッシュも日本ハムに入団した当初は体の線の細さが大きな懸念材料として挙がっていました。

実際、身長196cmに対して体重が84kgと数値的にもかなり心細かったです。

 

それが今では体重102kgと10年で18kgも増量。

そして体重増加に比例するように、球速、球威がともに上がり今では最速98mマイル(158km)に到達するまでになりました。

 

藤浪の現在の最速は157km

1年目の86kg時点で155km、2年目の88kg時点で157kmと来ていますので、体重を92kgまで増量した今季の藤浪には160kmを目指して頑張ってほしいですね。

 

球種ついて

 

2

 

藤浪はその大柄な体格、最速157kmを投げる投手のイメージとは裏腹に、実に多彩な変化球を操ります。

 

球種でいえば、スライダー、カッター、カーブ、フォーク、チェンジアップ・・。

150kmを超えるストレートにこれだけ多彩な変化球投げればこれだけで十分にエースと呼べそうなのですが、藤浪を阪神のエースと呼ぶにはまだ何か足りていません。

 

というのは多彩な変化球を持っているのは持っているのですが、実際に試合で使っているのはカッターとフォークくらい。

それ以外の変化球を特に実践では使用していないというよりも、まだそこまでのボールではなく、ダルビッシュや田中将大のような絶対的なウイニングショットもありません。

 

ですので藤浪が今後絶対的エースになるには、絶対的なウイニングショットを取得する必要があるように思います。

最も、潜在能力、今後の伸びしろは十分にあります。

 

3年目の今季、藤浪が実践の中で何かきっかけを掴んでほしいものですね。

スポンサードリンク





コメントを残す