ウィッチャー3 PC版での評価 ps4版での規制やオンラインについて

94月7日にsteamにて予約開始された「ウィッチャー3」。

日本国内ではPS4、XBOXONE、PCで5月21日発売となっていますが、steamにて一足先に予約開始されましたのでこれまでの評価について調べてみました。

それではまとめていきます。

スポンサードリンク





 

前作とは桁違いのクオリティ

 

2

 

 

「ウィッチャー3」は元々ポーランドの作家により描かれたファンタジー小説で、それをゲーム化したものらしいですね。

自分は初代、2作目ともにプレイしていたにも関わらず今回初めてそれを知りました。(笑)

 

シリーズ主人公はこれまでおなじみのゲラルト

 

9

 

なんかグラフィックが綺麗になったからなのか・・。

ちょっと老けて見えますね。(笑)

まるでMGSのネイキッド・スネークのようです。

 

そして今作はシリーズ初となるオープンワールド作品

スカイリムを思わせる広大なフィールドはやはりプレイしていてもかなり爽快です。

調べて見るとなんでもフィールドの広さは前作の実に35倍で、フィールドを横から横まで移動しようと思えば1時間以上かかるようです。

 

ちなみにこのマップの広さはスカイリムの1.5倍で、GTA5に迫るほどなんだとか・・。

いやはや、・・恐るべしですウィッチャー3。

 

よりシステマチックな戦闘が可能に

 

9

 

 

ウィッチャーの戦闘は基本的にアクションRPGで、スカイリムやドラゴンズドグマといった作品に近いものがあるのですが、

今作はこれまで以上により戦略を練った戦い方をする必要があるように感じます。

そして動きが前作よりもスピーディーになりましたので、正直剣を振り回すだけでは厳しいかなと思います。

ここはアクションの基本に返ってヒット&アウェイを忠実にこなした方が得策でしょう。

 

慣れてないうちは、魔法の罠“イャーデン”で相手の動きを封じ込めたり、バリアを張る“クエン”などでまずは負けない戦い方を先決させた方がより効率的に敵を倒していけます。

とはいっても全体の難易度はそこまで高いわけではありませんので、慣れればある程度はサクサクこなせるくらいにこなせるとのことです。

 

ストーリーの繋がりをより重視している

 

ウィッチャーのストーリーはこれまで同様に、自分が選択した内容によってその後の世界が変わっていきます。

そして今作ではより話の辻褄を合わせるようにできていますので、自分だけの世界を形成できますのでこれはこれで楽しみですね。

 

ただ、クエストなどを全部こなそうとすると選んだ選択により何らかの障害が出てきそうなのですがこの辺りは実際にやってみないと分かりません。

 

PS4では規制あり?

 

そして今作でもウィッチャー特有のちょっとアダルティックな映像は健在なのですが、これはPS4では一部規制が入る可能性がありますね。

もし、海外版と同じようにプレイしたければsteam版を買ってプレイすることをお勧めします。

 

また、オンラインに関しては今作も1人用なのでありません。

スポンサードリンク





コメントを残す