守備でエラー連発・・ それでも巨人が阿部慎之助を外せない理由

8いよいよ始まった2015プロ野球リーグ戦。

開幕からまだ数試合のみなので、結果に対してどうこういうのはあれかもしれませんが、阿部慎之助が苦しんでいます。

今季から務めるファーストの守備、そして得意だった打撃・・、今、阿部に何がおこっているのでしょうか。

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名 阿部慎之助 (あべ しんのすけ)

出身地 千葉県浦安市

生年月日 1979年3月20日

身長 180cm

体重 97kg

年棒 5億1000万円

 

ファーストコンバートは失敗!?

 

3

 

 

開幕からまだ数試合ですが、早くも阿部のファースト守備に疑問を呈する意見が出てきています。

それは開幕からまだ数試合での出来事でした。

中日戦での小笠原の強烈な打撃を止めることができずに決勝点を許し敗北、そして今度は村田からの送球を後逸して失点・・。

まだ数試合でこの結果ですから、このまま使い続ければどうなるか分からないために阿部の交代を要求するファンも出てくるなど今、阿部への風向きはかなり厳しいものとなってきています。

 

阿部と言えば、元々打てる捕手として注目を集めていた選手で、バッティングはいいものの捕手としては疑問符がつけられていた選手でした。

それだけに、今季は守備の負担の軽いファースト起用されることもあり、昨年不振だった打撃も完全復活するのではないかと期待されていました。

しかしその負担の軽いはずのファースト守備で失態の連続・・。

 

これには原監督も頭を抱えているかもしれません。

昨年途中にもファーストで何度か起用されていて、その時も何度か危ない場面がありましたが、

今季はキャンプからファーストの練習をしていて、それなりにはこなすだろうと思っていただけに開幕からこの出来ではこの先が心配ですね。

 

打撃に関してはまだ数試合しか経過していない現状、どのくらいの成績を残せるかは分かりませんが、今の守備では阿部以外の選手がファーストを守った方がいいかもしれません。

 

それでも阿部が不動のレギュラーであり続ける理由

 

9

 

 

連日の失態で風向きが怪しくなっている阿部ですが、それでも原監督は阿部を外すことは絶対にないと言い切れます。

というよりは出来ないといったほうがいいでしょうか。

 

なぜ阿部を外せないか・・、

それには主に3つの理由があります。

 

1. 2000本安打達成が近づいている

 

最初の理由が、プロ野球名球会入りの条件である2000本安打の達成が近づいてきているということです。

阿部は昨年終了時で1730安打

2000本安打までは残り270本と迫っており、順調にいけばあと2年で達成となります。

しかしこれはレギュラーとしてプレーし続ければという条件つきになりますので、おそらく2000本打てるまでは阿部をレギュラーで使い続けるのではないでしょうか。

 

2. 他にファーストがいない

 

巨人は昨年までファーストに助っ人外国人であるロペスがいたのですが、今季阿部の起用に伴いDeNAに移籍してしまいましたので、実質阿部以外に適任と呼べるファーストがいないというのも大きな理由としてあると思います。

誰かいい若手が出てくるといいのですが・・。

 

3. 聖域化している

 

阿部は2000年にドラフトで巨人に入団以来、長らく巨人の主力選手として活躍してきました。

特に近年の活躍は目覚ましいものがあり、年棒5億1000万円という現状を考えても外したくとも外せなくなっているのではないでしょうか。

これはスポーツではよくあることで、数年前の満身創痍だった金本、昨年引退したヤンキースのジーターといった人気選手も、衰えているにもかかわらず代えられない選手となっていました。

阿部も巨人の長年の功労者ですから、既にそういったポジションになっていても不思議ではありません。

 

 

まとめ

 

内部の事情までは分かりませんのであくまで憶測になっていますが、おそらく阿部は今後も巨人の不動のレギュラーとして君臨し続けるでしょう。

それがいいのか悪いのかはシーズンが進んでいかなければ分かりませんので、今は何とも言えませんが、

もし巨人が今シーズン優勝を逃せば・・。

 

いろんな意味で今シーズンの阿部は大きな責任を背負って戦っていると思います。

スポンサードリンク





コメントを残す