プロ野球2015順位予想 ~パリーグ編~

6本日開幕の2015年プロ野球シーズン。

近年躍進が目立つパリーグ勢は今年も各チーム戦力が整っており混戦が予想されます。

そんな混戦模様の2015年のパリーグ順位予想をしていきます。

スポンサードリンク





 

順位予想

 

1. 福岡ソフトバンクホークス

2. オリックスバッファローズ

3. 埼玉西武ライオンズ

4. 北海道日本ハムファイターズ

5. 東北楽天ゴールデンイーグルス

6. 千葉ロッテマリーンズ

 

首位は昨年同様にソフトバンク

これは昨年の戦力がそのまま残留すること、松坂大輔の加入、そして今宮や中村といった若手の更なる成長が期待出来ることからも、今年の優勝争いを1歩リードしていると見ます。

そのソフトバンクと優勝争いを繰り広げると予想されるのが昨年2位のオリックス。

今年は稀にみる大型補強で、ブランコ、バリントン、小谷野、中島といった有力選手を次々に獲得。

そして何といっても移籍が噂されていたエースの金子千尋を残留させられたことが今年に向けての期待を更に大きなものとしているように思います。

 

3位日本ハムと4位の西武はどちらが上位に来てもおかしくないように思いますが、日本ハムは稲葉や金子誠がいなくなったことによる影響が終盤に響いてくると予想して、4位と予想しました。

5位楽天と6位ロッテに関しては、現有戦力ではこの辺りの順位が妥当なように思います。

楽天はデーブ大久保新監督の手腕、そしてロッテは先発投手陣の数あたりでもう少し順位は変動するかもしれません。

 

注目選手

 

1. 中村晃 (ソフトバンク)

 

5

 

 

昨年のリーグ最多安打を記録した若き安打製造機に今年も注目したいです。

帝京高校時代は高校通算60本塁打の「ゴジラ」の愛称もつけられていた中村ですが、プロではバットを短くもってコツコツヒットを狙っていく短距離打者。

とはいっても元々パワーはある打者ですので、今シーズンは最低二桁本塁打は記録したいところです。

理想のタイプとしてはSFジャイアンツの青木宣親。

今年もソフトバンク打線を引っ張る存在であってほしいですね。

 

 

2. 中島裕之 (オリックス)

 

5

 

 

メジャー挑戦が残念な結果に終わり、後ろ向きな形としての日本復帰となった中島ですが、それでも年齢的にはまだまだやれるはず・・。

日本時代に見せていた卓越したバッティングセンスで、今年は3割20本塁打を記録して健在ぶりをアピールしてほしいところです。

地元関西で復活を遂げられるか。

“ナカジ”は今年のパリーグで一番注目している選手です。

 

 

3. 森智也 (西武)

 

5

 

 

西武の未来を担う若き大砲

昨年は高卒新人ながら6本塁打を記録して周囲の大きく驚かせましたね。

大阪桐蔭時代から高い評価を受けていたバットコントロールは天才的で、将来的には3冠王を狙える選手になってもおかしくないように思います。

まずは2年目の今年。

正捕手の座を掴めるように頑張ってほしいところです。

 

4. 大谷翔平 (日本ハム)

 

2

 

 

球界最高の天才である大谷の3年目からは目が離せません。

投げては最速162km、打っては高卒2年目ながら二桁本塁打とどちらとも規格外の大谷の3年目はどこまでいくのかちょっと予想がつきませんね。

個人的に大谷は投手専念の方がいいと思っていますので、今年は投手として15勝200奪三振を目標に頑張ってほしいところです。

 

5. 松井裕樹 (楽天)

 

5

 

 

昨年は苦い思いを経験した高卒2年目の松井に注目したいところです。

今季はデーブ新監督からクローザーに任命されるとのことで、19歳ながら抑えという度胸のあるポジションでどこまでやれるのかは興味があります。

正直自分としては先発として使ってほしいですが、抑えとしてもやれれば今後の自信にもつながってくると思いますので、松井には30Sあたりを目指してほしいですね。

 

6. 唐川侑己 (ロッテ)

 

5

 

 

昨年大不振に至った唐川の今季の復活に注目です。

昨年はストレートのスピードが全く出ずに痛打される場面が目立つなど、とても20代中盤の投手とは思えないようなピッチングをしていたのですが、

終盤には少しずつ投球に改善が見られ初めていましたので、今季は数年前のように二桁勝利を目標に頑張ってほしいところです。

 

まとめ

 

パリーグは若手の躍進が目立ち毎年のように新陳代謝が図れていますので、今季まだ誰かブレイクする選手が出てきそうでとても楽しみです。

そして大谷の更なる成長や、有原、安楽といった黄金ルーキー達の今後の動向にも目を配っていきたいですね。

スポンサードリンク





コメントを残す