PS4で発売近づくトロピコ5 PC版での評価や感想について

53月になりゲームの大作ラッシュが始まっています。

僕は主にPC、PS4でのプレイが中心となりますが、4月に期待のソフトがまた1つ発売されます。

タイトルは「トロピコ5」。 実は隠れた神ゲーです。

スポンサードリンク





 

南の島の独裁者を楽しむ箱庭ストラテジーゲーム

 

8

 

 

トロピコシリーズは今作でシリーズ5作目となり長編シリーズゲームの1つとなってきましたね。

日本での知名度はあまりありませんが、「シムシティ」、「Banished」、「Civilization」のようなシリーズと同じで、街を作り自らで政治を行っていく感じのゲームです。

 

箱庭ゲームといっても「スカイリム」「GTA」とは違って街を作っていくゲームなので、好き嫌いはかなり別れると思いますが、好きな人はほぼ間違いなく廃人になる・・。

そんな中毒性たっぷりのゲームですね。

 

ちなみに街のモデルはキューバらしいですね。

実際のキューバ

 

8

 

 

まあ確かになんとなく似ていますね。

 

PC版を少しプレイしてみた感想

 

3

 

 

実は僕、steamにてトロピコ5を既に購入していましたが、日本語版がなかったのでずっとプレイしていませんでしたが、

ps4での発売が近づいてきましたので少し試しにプレイしてみました。

 

まずプレイの最初は植民地時代から始まります。

ですので最初にやることはまず自分より立場が上の国のご機嫌とり・・。(笑)

 

それと同時に国の資源として農作物などを作ります。

農作物は資源として後に国の発展に大きく役立ちますので必ずやっていたほうがいいです。

そして資源の拡大を図るために教育と技術研究をやると・・、結構時間はかかりますが最初は仕方ないですね。

 

最初の辺りは「Banished」とよく似ているかもしれませんね。

まずは国を豊かにすることがなにより重要です。

 

そしてしばらくすると国として独立することが可能になります。

 

8

 

 

そして時代は世界大戦時代に。

どうやら2つの国が争っているらしい・・。

 

この場合はどちらについても構いませんし、両方つくことにも可能です。

そしてチキンの僕はもちろん両方の国のご機嫌どりを行うことにしました。(笑)

 

ご機嫌どりの最大のメリットは貿易の発達

両方との取引で国の資源拡大を図っていきます。

勿論戦争を仕掛けることも可能なのですが、そうすると国がやられてゲームオーバーになりかねないのでまずは国を大きくすることを優先していきましたね。

 

 

と、面白くなってきたところで終わっているのですがやっぱりトロピコは面白いですね。

プレイしていると、1日の時間の経過がとてつもなく早くなります。

 

個人的評価

 

6

 

 

個人的にはかなり面白いと感じた「トロピコ5」でしたが、しかしそれは「トロピコ4」でも同じように感じたことで、悪く言えば前作からあまり変化のない作品のように思います。

 

ですので「トロピコ4」を既に持っている人には必要のない作品かもしれませんね。

勿論、シリーズ未経験という方には文句なしの“神ゲー”ですので一度やってみることをお勧めします。

 

PS4での発売は4月23日。

なんだかんだで購入すると思いますのでまたその時レビューします。

スポンサードリンク





コメントを残す