佐藤世那と平沢大河 仙台育英の投打の柱に注目!!

甲子園いよいよ始まった選抜高校野球大会。

夏の優勝大阪桐蔭、昨年の覇者龍谷大平安など多数の注目高校を押しのけて優勝候補筆頭に推されている仙台育英。

今回はそんな仙台育英の投打の柱について紹介していきます。

スポンサードリンク





 

フォークを操る佐藤世那

 

8

 

 

まずは投の柱、エースの佐藤世那

右腕が後ろに大きく反る独特の投球フォームから投げられる球はかなりの威力を誇ります。

 

投球の最大の武器はフォークボール

縦に大きく落ちるウイニングショットとしてのフォークと、早く小さく落ちるカウントを取るフォークの2種類を操り打者を手玉に取っていきます。

近年、高校生の投球の主流はスライダーが主だっただけに、フォークを操る投手というのはそれだけで希少性がありますね。

思い出すのは現阪神の歳内でしょうか。

しかし佐藤の場合、フォークの落差までコントロールできますから、そういった意味では歳内以上の伝家の宝刀かもしれませんね。

 

一方で課題があるとすれば制球力とフォーク以外の球種

フォークボールは基本的にストライクからボールになる球ですので、今後上位校との対戦になった時にフォークを見極められると苦戦する場面が出てくるかもしれません。

そしてストレートは最速144kmと決して遅くはないのですが、球がややシュート回転する場面が秋にはいくつか見られましたのでこの辺りはまだまだ修正していかなければならない場面ですね。

 

とはいっても才能は文句なしに超一流です。

強打の仙台育英打線に守られて投げるだけに、結果を気にせず思いっきり投げてほしいと思います。

 

高校No.1野手平沢大河

 

8

 

 

「野球センスの塊」。

仙台育英の遊撃手、平沢大河はそう表現するのにふさわしい選手です。

 

タイプで言えば元中日ドラゴンズの立浪和義でしょうか。

バットコントロールが抜群で体格以上にパワーもありますので、今回の選抜大会でも長打を量産しそうな予感がします。

守備、走塁に関しても高校生の中ではトップクラスで弱点らしい弱点が見当たらない選手ですが、あえて言えばもう一段飛躍を遂げてほしいところでもあります。

 

走・攻・守三拍子揃った大会No.1野手平沢大河。

今大会でもその実力を遺憾なく発揮してほしいですね。

 

仙台育英の日程

 

仙台育英の最初の試合は3月23日の第2試合で、相手は鹿児島・神村学園となっています。

ここを勝てば次は優勝候補でもある敦賀気比高校との対戦が有力となっていますのでできれば、仙台育英、敦賀気比ともに初戦を突破して2回戦で戦うところがみたいですね。

 

スポンサードリンク





コメントを残す