エル・クラシコの日程や見どころ、勝敗予想について

9開催が来週に迫っているエル・クラシコ。

世界の超一流選手が集うバルセロナとレアルマドリードによる、最強を決める戦いだけに毎回かなりの期待が集まるクラシコ。

今回のクラシコはどちらのチームに勝利の女神が微笑むのでしょうか。

スポンサードリンク





 

日程

 

3月23日(月) 5:00 キックオフ~ 日本時間

 

ちなみに現地スペイン時間では3月22日(日) 21:00 キックオフとなっています。

そして今回の試合会場はバルセロナのホームカンプ・ノウです。

 

見どころや予想フォーメーション

 

5

 

 

ポゼッションで攻めるバルサにカウンターで応戦するマドリー。

近年のクラシコではそういった展開になるのが当たり前でしたが、今回は少しばかり変わるかもしれません。

 

バルセロナ

 

6

 

まずはこれまでポゼッションサッカーでこれまで戦ってきたバルサですが、今季はそこにカウンターが加わっています。

とはいっても完全にポゼッションを捨てたわけではなく、基本はポゼッション、しかしカウンターが狙えるところでは積極的にカウンターを狙っていくのが今のバルサスタイルの特徴ですね。

 

そんなバルサの最大のストロングポイントが前線の3トップ。

“南米トリデンテ”ことメッシ、ネイマール、ルイススアレスの3人から繰り出される攻撃は圧倒的で、現在リーガ首位を走るバルサの最大の原動力となっています。

 

バルサのこれまで中心メンバーと言えば、エースのメッシを含む、シャビ、イニエスタらカンテラ出身の中盤の選手たちでした。

しかしシャビも今年で35歳、イニエスタが30歳と年齢的に無理が効かなくなってきたこともあり、今季はこれまでの中盤主導から前線主導型のサッカーに切り替わっています。

前回のクラシコでは、その前中心メンバーであったシャビとイニエスタを同時起用して敗れたバルサでしたが、今回はシャビのところにラキティッチを入れてくることが予想されます。

 

新たなスタイルを手に入れた新生バルサ

圧倒的な攻撃力でレアルマドリード守備陣に襲いかかります。

 

レアルマドリード

 

9

 

 

一方これまではカウンターでバルサのポゼッションに対抗してきたマドリーですが、昨年アンチェロッティが監督に就任して以降、徐々にポゼッションサッカーへと変化を見せてきました。

とはいってもバルサ以上にポゼッションができるわけではありませんので、今回の対戦でも基本的にはカウンターを狙っていくスタイルで試合の臨むことが予想されます。

 

マドリーの最大のストロングポイントは昨年CL制覇の原動力ともなった“BBC”

ベイル、ベンゼマ、そしてクリスティアーノロナウドの3人なのですが・・、

ここにきてその破壊力に陰りが見え初めてきているのが今の現状です。

 

クリスティアーノロナウドは今年で30歳となりかつてのようなスプリントを見せる回数が減ってきており、ベンゼマはなかなか調子の波が安定しません。

しかし中でも深刻なのがベイル

今季は2年目で相手の守備陣に慣れられたのか、なかなか思うような結果が出ず、

特に年明け以降の出来は散々なもので、最近は7試合連続ノーゴール中と完全にスランプに陥ってしまっています。

いくら不調といっても大一番でベイルをベンチに置くというのは考えにくのですが、現在の状況を考えるとそうなることもありえない状況になってきているのは少々残念なところでもあります。

 

その一方でモドリッチが長期離脱から戦線復帰、そして今季マドリーでMVP級の活躍を見せているイスコら中盤はクラシコでも活躍することが期待できます。

現在故障中のラモスも間もなく復帰とのことですので、怪我のハメスロドリゲスを除けばほぼベストメンバーを組めるのは、最近不調のマドリーにとってはかなりの朗報といえるのではないでしょうか。

 

予想フォーメーション

 

バルセロナ

 

GK: ブラボ

DF: アウベス、ピケ、マテュー、アルバ

MF: ラキティッチ、マスチェラーノ、イニエスタ

FW: メッシ、ルイススアレス、ネイマール

 

レアルマドリード

 

GK: カシージャス

DF: カルバハル、ペペ、ラモス、マルセロ

MF: モドリッチ、クロース、イスコ

FW: ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノロナウド

 

バルサはブスケツが現在故障中でおそらく間に合わないとみられていますので、アンカーにはマスチェラーノが入ることが予想されます。

一方マドリーはハメスロドリゲスの欠場確定していますがそれ以外は全てベストメンバーで来るのではないでしょうか。

ただ、モドリッチ、ラモスはどちらも故障明けですので、それぞれイジャラメンディ、ヴァランが先発で名を連ねる可能性もあると思います。

 

勝敗予想

 

現在の両チームの状態、そして開催がカンプ・ノウであることを考えると今回はバルセロナ有利なのではないでしょうか。

とはいっても近年のクラシコは、有利と思われるチームが負けて、不利と思われたチームが勝つことが多いように思いますのでどちらが勝つかは試合が始まってみないと分かりません。

 

それぞれのチームで鍵となりそうな選手をあげるとすれば、

バルサはネイマール、マドリーはイスコでしょうか。

ネイマールは前回のクラシコ、そしてアトレティコ戦やPSG戦といったビッグマッチに滅法強く、今回もゴールに期待がもてること、

そしてイスコは異次元のテクニックでバルサとの中盤の主導権争いにおいて優位にたつことを期待したいですね。

 

個人的な試合の勝敗予想をあげますと・・、

 

3-1でバルサの勝利です。

あくまで素人による勝手な予想なのでそこまで気にしないでください。(笑)

スポンサードリンク





コメントを残す