大島優子主演ドラマ「ヤメゴク」 キャストやあらすじについて

8今季のドラマもそろそろ終盤を迎えてきてどれもクライマックスを迎えようとしていますね。

そして同時に次のドラマの情報もちらほら出てきていますね。

そこで今日は次の木曜ドラマ「ヤメゴク」について紹介していきます。

スポンサードリンク





 

大島優子さんの連ドラ初主演作品

 

 

 

6

 

 

今回連続ドラマでの放送が決まった「ヤメゴク」ですが、現時点でわかっていることは大島優子さんが主演を務めること、木曜夜9時からの放送となることです。

 

大島優子さんは現在草彅剛さん主演のドラマ「銭の戦争」でもヒロインを務めていますから、2クール連続での出演となります。

それもヒロイン→主役ですから、なかなかパッとしない人が多いAKB卒業生の中では今のところ出世頭といえる活躍ですね。

 

そして大島さん自身も連続ドラマでは初の主演となりますので、本当の意味で実力を問われる作品となるのではないかと思います。

 

その他のキャストについては詳細が分かり次第追記していきます。

 

堤幸彦と櫻井武晴の鬼才コンビによる作品

 

そんな連ドラ初主演となる大島さんですからプレッシャーも相当あると思いますが、バックにはかなり頼もしい人間がつくことになりました。

 

8

 

 

演出を担当するのは堤監督

「SPEC」、「ケイゾク」、「TRICK」とこれまで数々のヒット作を生み出してきた堤監督による演出がまた見られるのは楽しみですね。

 

8

 

脚本は櫻井さん。

人気シリーズ「相棒」や、劇場版「名探偵コナン」の脚本を担当したことでも有名ですね。

 

人気シリーズ「SPEC」と「相棒」の共同タッグ

このコンビが連続ドラマで見られるのは素直に嬉しいですね。

作品としてはシリアスでちょっと笑いが入る・・。

非常に適当ですが(笑)、そんな作品になるのかなと思います。

 

あらすじ

 

 

6

 

 

物語のあらすじとしましては、

警視庁組織犯罪対策部(いわゆるマルボウ)内の「暴力団離脱者相談電話」通称、“足抜けコール”が舞台となっています。

 

少し難しいので簡単にいうと、“足抜けコール”というのはヤクザなどの裏稼業の人間を元の世界に戻すことですね。

つまり、裏世界の人間から“足抜けコール”を受けると、そのコールを依頼した人間を保護しながら、所属していた場所と話をつけ、そしてなおかつ表世界で働ける職場を斡旋する。

 

調べてみたところ、この“足抜けコール”は実在するもので、実際に神奈川県警などは行っているようです。

 

そして大島さんの役はその“足抜けコール”で働く警察官・永光麦秋(ながみつ ばくしゅう)という女性です。

麦秋は、保護対象者が脅しにかけられても、その脅しをかけてきた人間に自分の身ひとつで立ち向かい、それがどんな巨大な敵だろうが情け容赦なく叩きのめす。

そんな怖くて、しかし人間味を感じる人情ドラマとなっているようですね。

 

なお今月から、「ヤングエース」で連載が始まっていますので、気になる方はそちらをチェックしてみてもいいかもしれません。

 

まとめ

 

現在木曜9時といえば、「美しき罠~残花繚乱~」

個人的にこの時間帯の作品はかなり面白いので期待大ですね。

スポンサードリンク





コメントを残す