wowowドラマ「スケープゴート」 キャストやあらすじ、ネタバレについて

94月12日(日)によりスタートするwowowドラマ「スケープゴート」。

作家・幸田真音原の代表作である社会派政界の物語がドラマ化されることもあり注目を集めています。

そこで今回は、この「スケープゴート」のキャストやあらすじ、ネタバレについて紹介してきます。

スポンサードリンク





 

キャスト一覧

 

出演者

 

・黒木瞳
・石丸幹二
・佐々木希
・山口紗弥加
・小市慢太郎
・相島一之
・光石研
・神保悟志
・小林隆
・西岡德馬
・古谷一行

 

原作: 幸田真音
脚本: 大石哲也
監督: 星野和成
音楽: 羽岡佳

 

 

政界で生きる女性を描いた物語

 

9

 

 

「スケープゴート」は、幸田真音さんによって描かれた社会派政界ドラマとなっています。

真田さんと言えば、「日本国債」「天佑なり 高橋是清・百年前の日本国債」といった作品が有名ですが、現在はコメンテーターや、国土交通省の委員を務めるなどその活動は多岐に渡っています。

そんな幸田さんだからこそ知る政界、そして女性が主人公の話。

これまで政治関係の小説はたくさんありましたが、それとはまた少し違った作品となっています。

 

物語のあらすじとしては、

主人公である三崎皓子(黒木瞳)が、女性政治家として総理大臣のポストへの階段を突き進んでいく話です。

もっとも三崎皓子は、元々政治家になどなるつもりではなく、某大学の教授という極々普通の生活をしている女性でした。

そんな彼女が山城泰三(古谷一行)という政治家の策略によって、半強制的に政治家になったわけですが、そこには様々な危機が待ち受けています。

 

舞台は金と権力が渦巻く永田町

永田町はかなりの男性優位社会で、三崎皓子は男性政治家からの強い風当たりを受けることになります。

彼女は権力には決して逆らうことができないことを知らされた「生贄=スケープゴート」か、それとも国家を救う「救世主」なのか。

 

1人の女性政治家を通して、国民にもう一度真のリーダー像とは何かと問いかける。

このドラマ「スケープゴート」はそんなメッセージ性が強い物語でもあります。

金や権力の問題だけではなく、女性の社会進出や仕事と家事のワークライフバランス

過度なストレスに犯される政治の世界。

 

女性だからこそこれまで痛感してきていた悩みや問題をに対して、幸田真音さんが物語にして国民に問いかけようとしている作品ですので、

女性の方だけでなく若い男性の方なんかも、これからの日本についてもう一度考え直すいいきっかけになるドラマだと思います。

是非一度見てみることをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

ドラマの方は、4月12日(日)スタートとなっています。

スポンサードリンク





コメントを残す