wowowドラマ「天使のナイフ」第2話感想

9今週で第2話を迎えたwowowドラマ「天使のナイフ」。

先週はかなり面白いところで終わっただけに、かなり期待が持てた今作でしたが、やはり期待通りの面白さでしたね。

それでは今作の感想を書いていきます。

スポンサードリンク





 

徐々に展開が動き出した第2話

 

9

 

 

先週公園で襲われそうなところで終わった第1話

いきなりの絶対絶命で始まった主人公たかしですが、とっさの反応と必死による説得により何とかその危機を脱します。

 

襲ってきた少女ゆりは、殺害された沢村と前回意味深なシーンのある子でしたね。

話によれば、ゆりと沢村は幼馴染で高校から付き合っていた仲で殺害されたその日に、

 

「俺は・・、本当の贖罪をしなければならないんだ!!」

 

といって別れを切り出されたんだとか。

沢村のいう贖罪とはいったい何だったのでしょうか・・、これは現時点ではさっぱりですね。

ただ、同時に当時の犯人仲間の1人である八木を探していたという情報を聞いたたかしは、八木に会うためにたまり場である池袋に向かいます。

しかしたまり場に八木は現れず、結局収穫がないまま自宅に向かおうとしたたかしでしたが、その帰り道池袋駅で人身事故に巻き込まれます。

 

店に帰ったたかしですが、そこに警察が現れなぜか本日の行動についてあれこれ問われることに・・。

なぜ疑われるのかわからないたかしですが、その理由が池袋で人身事故にあった高校生が犯人仲間の1人である丸山だとういうことが原因だったようです。

 

沢村に続き丸山までもが襲われる。

しかも丁度たかしが池袋にいったその日に・・、

これは警察側が疑うのも無理はないかもしれません。

 

しかし次々と犯人仲間が次々と襲われていくことに完全にビビってしまった八木。

しかし自分は絶対に殺されたくなくという思いと、なんらかの真実をたかしに伝えるために夕方6時に埼玉スーパーアリーナで会う約束をします。

しかし娘のまなみが貧血で倒れてしまい、その看病に追われ結局八木とは面会できずに終わると、今度はその日に八木が殺された事実を知らされます。

 

八木は最後に面会するためにたかしの店に電話していたため、またもやたかしが疑われることに・・。

池袋事件に続き、スーパーアリーナ事件と完全に誰かがたかしを犯人に仕立て上げようとしていますね。

 

完全に警察に疑われているたかしでしたが、丁度その時警察側は沢村の葬式会場の前に亡くなった妻しょうこの義母の姿が・・。

 

2話の話はこれで終わりですね。

義母の行動は確かにやや不審に思うこともありますが、一気に展開が動いたのではないでしょうか。

2話ではたかしの行動に合わせて犯行が行われていました。

これではたかしに疑いの目がいくのは当然ですが、裏を返せば犯人は日ごろからたかしの行動を良く知っている人間になります。

 

そして残された犯人仲間は丸山1人。

このあたりもポイントになってくるでしょう。

 

江戸川乱歩賞作品はもっとも以外な人間が犯人であることが多いです。

察しのいい人ならもう気が付いたのではないでしょうか。

 

ネタバレが知りたい人はこちらになっています。

wowow新ドラマ「天使のナイフ」 ネタバレやあらすじ、キャストについて

 

 まとめ

 

いかがだったでしょうか。

引き続き第3話の感想も来週書きます。

スポンサードリンク





コメントを残す