2015年のおすすめ花見場所 ~関西編~

9長かった冬が終わり、少しずつですが春の香りがしてきました。

前回、東京でのおすすめの花見場所を紹介しましたが関西の在住の人にとってはこちらの方が気になりますよね。

それでは関西のおすすめ花見場所を紹介していきます。

スポンサードリンク





 

おすすめ桜場所一覧

 

1. 大阪城公園

 

6

 

 

開花時期 3月下旬~4月下旬

桜本数 3000本

料金 無料

 

関西の花見場所といえば大阪城公園ですよね。

重要文化財に囲まれた西の丸庭園の周りを梅の花が咲き乱れています。

例年、4月上旬の時期にピークを迎えますので絶景の桜が見たい人はそのあたりの時期がおすすめですね。

ただし人は、関西で最も多いところの1つなのでそちらの方は注意しましょう。

 

2. 万博記念公園

 

9

 

 

開花時期 3月下旬~4月上旬

桜本数 5500本

料金 大人250円 子供70円

 

大阪北摂地域在住の方にとっては花見と言えば万博公園です。

園内に咲き乱れる9種約5500本のサクラが東大路の桜並木を競い合います。

桜まつり期間中は夜間ライトアップもあり、サクラの美しさをたっぷり満喫できることもできますので、夕方あたりに行くのが個人的にはおすすめですね。

 

3. 醍醐寺

 

9

 

 

開花時期 3月下旬~4月上旬

桜本数 1000本

料金 大人600円 子供300円

 

醍醐寺と言えば紅葉がきれいなイメージが強いですが桜の方も負けていません。

その昔、豊臣秀吉が晩年醍醐の花見を行ったことでも有名なこの醍醐寺は、京都の歴史にふさわしい絶景の景色が見られることでも知られています。

ただ、日常的に人が多い場所なだけに桜の季節はさらに人が混雑します。

ゆったりしたい人にとってはあまり向かない場所かもしれませんね。

 

4. 平安神宮 神苑

 

9

 

 

開花時期 3月下旬~4月下旬

桜本数 500本

料金 大人600円 子供300円

 

京都を代表する観光名所である平安神宮にも毎年多くの人が花見に訪れます。

こちらは他の場所よりも若干だけ遅く、だいたい4月上旬~中旬あたりにピークを迎えます。

中でも有名なのが「八重紅枝垂桜」で、真紅の建物と綺麗にマッチする桜の光景は他所と比べても別格です。

 

5. 姫路城

 

9

 

 

開花時期 4月上旬~4月中旬

桜本数 1000本

料金 無料

 

兵庫の花見名所と言えば姫路城ですね。

“日本一の名城”と称される姫路城の周りをソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約1000本の桜が咲き乱れます。

期間が他の場所と比べて若干短く、ピークは4月上旬頃となりますので見たい方はそちらの時期にいくことをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

関西の方も詳細情報がそろそろ出てくる頃だと思いますので、楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク





コメントを残す