木曜ドラマ「美しき罠~残花繚乱~」 結末やネタバレについて

9いよいよ結末が近づいてきた木曜ドラマ「美しき罠~残花繚乱~」。

昼ドラさながらのドロドロの関係が続く主人公西田りかですが、クライマックスはどうなってしまうのでしょうか。

ここでは、原作の結末についてネタバレをしたいと思います。

スポンサードリンク





 

女目線で描かれたドロドロな展開ドラマ

 

5

 

 

「美しき罠~残花繚乱~」は現在8話まで終了しており、どんどん面白くなってきていたのでつい気になって調べてみると原作あったんですね。

つい最近知りました・・。

 

もうすぐ最終回なのでこのまま我慢してドラマの方を見ようと思ったのですが、やっぱり気になって結末を確認してしまいました。(笑)

ということで読み終わってみての感想ですが、

女って怖い・・。

と思ったのが正直な感想です。

 

9

 

これはドラマを見ていてもわかると思いますが、女の人ってどうして女を恨むんですかね・・。

結婚している男と不倫関係になる女も女ですが、結婚しているにも関わらずそのような事をしている男も男。

この場合、奥さんが恨むべきはまず自分の旦那なのではないでしょうか。

 

にも関わらず、柏木家の奥さん柏木美津子が恨む矛先は常に旦那に近づく女

何度も浮気しているのは自分の旦那さんでしょーよ。(笑)

自分が愛するよりは愛されたいって思うのが女性ななかもしれませんが、この辺りは男の僕にはいまいち理解しがたいものがあります。

 

さて、話が少し長くなってしまったのですがそろそろネタバレの方紹介していきます。

 

最後は元通り??

 

9

 

 

現在8話まで進んでいるので、その続きから紹介していきます。

お互いが結婚指輪を外して終了した第8話でしたが、それは圭一がりかの気持ちを確かめるため。

りかの気持ちを再確認した圭一は、もう一度結婚生活をやり直す決意をします。

 

一方、実兄の巧巳に代わり新社長に就任した壮太に事情を問い詰める美津子でしたが、聡明の壮太に論破され何もできない美津子。

ただでさえ精神不安定な美津子に降りかかるさらなる災難に、美津子は思い余って、りかの住むマンションに押しかけ圭一との関係を暴露してしまいます。

 

美津子の奇行に始めは怒りを覚えた圭一でしたが、やがては美津子の行動を哀れに感じるようになってきてしまいます。

というか、りかが不倫したことは怒るくせになんで自分の不倫は正当化しようとしているのか、このあたりの圭一にはいまいち理解ができません。

 

圭一と美津子の関係を知ったりかは、一度2人の距離を置きたいと考えてまたもやギクシャクした関係に・・。

 

といった感じでギクシャクした関係で続いていくのですが、結末から言ってしまうと、最終的に圭一とりかはお互いに愛し合い平和な生活を取り戻します。

そして壮太は、圭一と不倫関係にあった麻紀と関係を持つようになります。

しかし壮太はこりない男ですね・・、

このドラマで一番最悪なキャラに見えてきました。(笑)

 

その他にも美津子含めその他のキャラクターもいるのですが、このあたりの結末はドラマオリジナルのものになると思います。

というのも終盤に向けて原作とはだいぶ違った感じになってきていて、本来ならば圭一はりかと壮太のことを、何も知らないまま終わるはずだったのに知ってしまっています。

そして圭一の兄のことも含めてクライマックスはドラマオリジナル作品になることが予想されます。

ただ、ハッピーエンドで終わること麻紀と壮太が不倫関係になるのはこれまでの話の流れからして、ほぼ確実だと思います。

 

まとめ

 

これまでは感想を書いてこなかったのですが、面白いので来週以降は感想も書いていきます。

クライマックスまであと少し、目が離せませんね。

スポンサードリンク





コメントを残す