問題は態度!? それとも実力!? 宇佐美貴史が代表に選ばれないワケ

宇佐美貴史今シーズンガンバ大阪の3冠の立役者となった宇佐美貴史。

若いころから将来を渇望されたガンバの若きエース。

その能力に疑いの余地はないが、一向に日本代表に呼ばれないのは何故だろうか??

スポンサードリンク





 

プロフィール

 

本名 宇佐美貴史
生年月日 1992年5月6日
現年齢 22歳
出身地 京都府長岡京市
身長 178cm
体重 69km
ポジション MF

経歴

2009年 ガンバ大阪
2011年 バイエルン・ミュンヘン(レンタル移籍)
2012年 TSG1899ホッフェンハイム(レンタル移籍)
2013年~ ガンバ大阪

 

天才と称された実力

 

天才

今、日本で最もこの言葉が似合うサッカー選手ではないでしょうか。

1人、2人を置き去りにするドリブルスピードとコントロール。

レンジの広さと正確性を兼ね備えたシュートセンス。

一瞬で相手の状況を崩すことのできるパスと確かな戦術眼。

攻撃に必要なほぼ全ての才能を兼ね備えていて、そのポテンシャルを考えると4年後には代表エースになっていてもおかしくない選手です。

 

アギーレ

 

ところが、アギーレ率いる日本代表には全く呼ばれずに、今回のアジアW杯のメンバーからも外れました。

アギーレはいったい何故宇佐美を呼ばないのか、その理由を考察してみました。

 

問題はプレースタイルにあり!?

 

攻撃に関しては、ほぼパーフェクトな才能を持っている宇佐美がなぜ呼ばれないか、いくつか理由を考えてみました。

 

フォーメーションの問題!?

 

現日本代表のフォーメーションは4-3-3

ガンバ大阪では主に2トップの一角か、トップ下で起用されているため代表における宇佐美のポジションは必然的に違うポジションになります。

宇佐美はFWの選手ですから、このフォーメーションだと3トップにどこかに当てはめるのが自然な形になります。

現代表では右に本田圭佑(ACミラン)、真ん中には岡崎慎司(マインツ)がいますので、この中だと3トップの左が宇佐美が狙うポジションだと思います。

宇佐美はドリブルが得意な選手ですから、サイドに置けば攻撃では単独で局面を打開することが期待できます。

また、シュートもパスも日本ではトップクラスの選手です。

 

こうしてみるとかなり使えそうに見えますが、宇佐美をサイドで起用するのは致命的な欠点があります。

 

守備と運動量が足りない!?

 

宇佐美のサイド起用はなぜ駄目なのか…。

 

結論からいいますと守備と運動量の問題です。

宇佐美は攻撃に関してはほぼパーフェクトな才能を持っている反面、この守備面と献身性という点においては他の選手に劣ってしまいます。

 

テンポの速い現代サッカーにおいて、FWが守備をするというのはもはや当たり前です。

攻守に渡る往復でタフにスタミナを使い、自陣のブロックにも参加しながら前線に顔を出す。

そして、アギーレ率いる日本代表は、全員で守って全員で攻める堅守速攻型のシステムです。

 

ですので当然前線の選手にも激しい守備を求めるのですが、宇佐美にとって現状もっとも足りないのはこの守備における献身性なんですよね。

 

Nigeria v Argentina: Group F - 2014 FIFA World Cup Brazil

 

W杯の時にアルゼンチン代表のエースリオネル・メッシが全く守備をしないと言われていましたが、あれはほぼ特例といって言いでしょう。

メッシは誰もが認める世界最高の選手で、サッカーの天才の中の天才です。

宇佐美がメッシ級の選手になればまた話は変わってくるかもしれませんが、それは現実的にはかなり困難なことです。

ですので、現状宇佐美にも激しい守備を要求されますが、その守備面の要素が足りていないから呼ばれていないというのが最も大きな理由だと思います。

 

 

態度に難あり!? 

もう一つ言われているのが、宇佐美の態度が悪いということしょうか。

何でも・・・、

先輩に敬語を使わない。

スーツが腰パンでネクタイがだらっとしてて服がだらしない。

 

みたいな話があります。また、 かなり強気な発言をする性格ですので、人によっては反感を買うかもしれません.

 

ただ個人的には、タメ口はともかく強気な態度は悪くはないと思います。

サッカーはやはり勝負の世界ですから、それくらい気持ちが強くなければやっていけないのではないでしょうか??

現代表エースの本田圭佑も実際にそのタイプですので、強気な態度が代表に呼ばれないというのは少し説得力が弱い気がします。

 

今後宇佐美が代表に呼ばれるには??

 

まとめますと、宇佐美が今後代表に呼ばれるようになるとすれば2つの理由が必要だと思います。

1. 献身的な守備

2. フォーメーションの変更

 

アギーレが監督をやっている以上は現実的にはやはり1の課題をクリアすることではないでしょうか。

 

 

天才と呼ばれた男が今回のアジアW杯の落選から何を思うか。

今後の宇佐美に期待したいと思います。

スポンサードリンク





コメントを残す