2015年プロ野球注目若手選手 ~千葉ロッテ編~

9昨シーズンは4位に終わった千葉ロッテ。

今季は長年エースを務めてきた成瀬が抜け、ますます先発投手陣不足が心配されますが、そのあたりはカバーできるでしょうか。

そこで今回は、今年活躍しそうな若手選手を紹介していきます。

スポンサードリンク





 

注目選手一覧

 

1. 吉田裕太

 

8

 

 

今季、里崎が現役引退したロッテにあって、次期正捕手の最有力候補がこの吉田でしょう。

 

吉田の特徴はその高い守備力と肩力

捕球のセンスがよく、2塁への送球タイムもチーム内で最高タイムを記録するなど、ロッテの正捕手になるのに十分なポテンシャルを秘めています。

 

打撃に関してはまだまだ粗いですが、パンチ力があり将来的には20本塁打を期待したいところです。

打ってよし、守ってよし。

吉田にはそんな捕手になってほしいですね。

 

2. 鈴木大地

 

9

 

 

もはや不動の主力として君臨しているだけに、紹介する必要はないのかもしれません。

昨シーズンは、2年連続で全試合に出場し、打率は自己最高の287.を記録するなど、鈴木個人としては実りのあるシーズンとなりました。

 

打撃に関しては、今季3割を打ってもおかしくはないくらいに成長しているのですが、

守備面に関してはもう少し改善の余地が必要なように思います。

鈴木は内野ならどこでも守れるほどに器用な選手なのですが、その反面どこを守っても平凡な守備指標なのが残念なところ。

特にショートを守った時には、弱点である肩の弱さが露呈するシーンを何度か見かけましたので、個人的に鈴木はショートではなくセカンドの方がいいように感じています。

まあそのあたりの課題も考慮しての期待選手ですね。

 

3. 岩下大輝

 

9

 

 

今年の高卒ルーキーですが、個人的に期待したい投手の1人です。

昨年は石川星稜高校として甲子園に出場。

9回に8点差を逆転してからの甲子園出場、その後も逆転に次ぐ逆転で甲子園を沸かした星稜のエースです。

 

投球の特徴としては、最速145kmのストレートを軸に、スライダー、カーブ、スプリット、フォークとうったボールを操ります。

中でも低めに鋭く落ちるスプリットやフォークはプロでも大きな武器になりそうな球種だと思いますので、この辺りの長所を潰さず、ロッテには大切に育ててほしいものです。

 

4. 田中英祐

 

9

 

 

個人的に今年の新人王に推したい投手の1人です。

ドラフトでは京大初のプロ野球選手としてかなりの注目を集めました。

 

投球の特徴は最速149kmのストレートを軸に、多彩の変化球を組み合わせて抑えていく本格派右腕

まだまだ完成には程遠く、ストレートにはまだまだ伸びしろを感じさせてくれるので、数年先には何キロまで投げられるか注目したいところでもあります。

 

実はこの田中、大手総合商社「三井物産」からも内定を貰っていたようで、それを蹴ってのプロ入りというところにも注目を集めています。

 

まとめ

 

里崎の引退、成瀬の移籍、今江も30代に突入と、ロッテには今、将来を任せられる軸となる選手がいません。

そのためにも、今後数年以内には何人かの若手選手のブレイクに期待したいところですね。

決して若手がいないわけではないので、後は伊東監督の采配にかかっています。

スポンサードリンク





コメントを残す