2015プロ野球注目若手選手 ~オリックス編~

9今シーズンリーグ優勝の有力候補であるオリックス。

中島、小谷野、ブランコ、バリントンなど大型補強を敢行。さらにはエースの金子千尋の残留も決定して、今シーズンに向けて最高の戦力が整いました。

そんなオリックスで、楽しみな若手選手を紹介していきます。

スポンサードリンク





 

注目選手一覧

 

1. 武田健吾

 

9

 

 

オリックスの若手で一番期待したいのがこの武田。

抜群の身体能力を誇り、新庄2世とも称される武田は今シーズン、レギュラー争いに食い込んでくることが予想されます。

 

最大の特徴は守備範囲の広さ

50m6秒1で走る快速と打球反応の良さから普通の人なら届かないところまで届き、そして肩の強さも抜群。

守備力を考えると将来的にはセンターで起用したいところですが、レギュラーとして常時起用するためにはもう一段打撃の進歩が必要になってきます。

 

確実性さえ身に着けたらレギュラーになれるのはほぼ確実だと思いますので、今シーズンブレイクしてもおかしくない選手だと思います。

 

2. 後藤駿太

 

9

 

 

駿太に関しては今更説明の必要がないかもしれません。

オリックスの若きスターであり、今季も主力選手としての活躍が期待される選手です。

 

駿太の特徴は上に挙げた武田と同じ圧倒的な身体能力

高校時代は150kmに迫る剛速球を投げていたように、肩の強さは圧巻で、ライトの糸井と共にリーグ屈指の外野手としての定評を確立しつつあります。

 

後は打撃力

昨シーズンの後半あたりからようやくものになったきましたが、将来的にはイチローのように1番を任せたい選手なので、

今シーズンは打率3割を目標に頑張ってほしいですね。

 

3. 吉田一将

 

9

 

投手で期待したいのが2013年のドラフト1位吉田です。

昨シーズンは序盤が好調だったものの、シーズン中盤にいくにつれて調子が不安定になり2軍落ち。

シーズン終盤に復調したものの安定感において課題の残るシーズンになりました。

 

投球の特徴は身長190cmの長身から投げ下ろされる角度のあるボール。

大柄ながら制球力が良く、どちらかと言えば技巧派といった感じの投手かもしれません。

 

それだけに今シーズンはより安定した投球をして、1年間ローテーションを守り切ってほしいと思います。

 

4. 山崎福也

 

9

 

即戦力として期待されているオリックスの今年のドラフト1巡目投手。

ストレートは140km台中盤ながら、多彩な変化球を操りゲームをコントロールする能力に長けていて、

即戦力ながら身長187cmと体格が大きいことからも、まだまだ今後の伸びしろが期待できる投手です。

 

オリックスは今年、エースの金子千尋が残留、バリントンを獲得したことによりリーグ屈指の先発陣を形成することが予想されます。

順当にいけば4枠までは既に決まっていて、空きは残り2枠

 

厳しい先発投手陣争いを勝ち抜けるのか注目です。

 

まとめ

 

オリックスは数年前までは高齢化がかなり進んでいましたが、森脇監督になって以降、積極的な若手起用により、徐々にですが若返りを図れつつあります。

 

ですが頭数はまだまだ足りていません。

ですので現在の主力が元気なうちに、もう何人か将来を背負っていけそうな若手選手が出てきてほしいですね。

スポンサードリンク





コメントを残す