2015年プロ野球注目若手選手 ~楽天編~

9今シーズン大久保監督の元新体制をスタートさせた楽天。

新監督の大久保監督には就任前からたくさんの不安の声があったようですが、ここまではチームの雰囲気も良さそうで、今シーズンに向けての期待が膨らんでいます。

そこで今回は、今年の楽天で注目したい若手選手を紹介していきます。

スポンサードリンク





 

注目選手一覧

 

1. 安楽智大

 

9

 

 

日本ハムの有原と並んで今年のドラフトの目玉だった安楽。

キャンプでは途中で2軍行きを命じられるなどいきなりプロの洗礼を受けた形となっていますが、素材自体に文句のつけようはありません。

 

安楽の最大の武器は最速157kmのストレート

まだまだ成長途上で、将来的には大谷のように160kmを投げる投手になることが期待されます。

 

ただ、現時点では完成度がほど遠いこと、高校時代の登板過多の影響などもあり、プロで活躍できるかどうか微妙との意見が少なくありません。

多くの選手のように消えていってしまうのか、それとも大成して楽天のエースになれるのか。

安楽の今後には目が離せませんね。

 

2. 西田哲郎

 

9

 

 

楽天の未来を担う若き遊撃手。

入団以来、順調に成長を遂げ昨年はレギュラーとして1年間戦えるまでに成長しました。

 

走・攻・守そつなくこなすオールラウンダーで特に守備は既にリーグでもトップクラスとかなりの実力者です。

打撃に関しては昨年は本塁打8本でしたが、まだまだパワーに向上の余地があり、このまま単打を狙うバッターになるよりも将来的には中軸を任せたいバッターです。

 

今シーズンもレギュラーとしての起用が有力な西田。

目標は少し高いですが、3割15本を達成してほしいところです。

 

3. 釜田 佳直

 

9

 

 

2012年に高卒ルーキーながらち7勝を挙げ一気に注目を集めた釜田。

しかし2年目に右肘を疲労骨折。

ほとんど登板することなく1年を終えると、昨年はトミージョン手術を受けた影響で1年間全休となりました。

 

ですので今年は1年ぶりの実戦マウンドということになります。

怪我するまでの釜田の投球の特徴は、最速153kmのストレートと高速で横にスライドするスライダーを売りとしていた投手。

 

トミージョン手術をした投手は、スピードが上がる投手もいれば下がる投手もいます。

以前のように150kmを超えるストレートを投げられるか

これが今シーズンの釜田の活躍の鍵を握ってくるのではないでしょうか。

 

4. 松井祐樹

 

9

 

 

昨年のドラフトの目玉、松井にも注目ですね。

昨年は新人王も期待されましたが終わってみれば4勝8敗

やや期待はずれに終わったとの声もありますが、高卒1年目であること、投球回を上回る奪三振数を奪っていたことなどポテンシャルの高さを垣間見ることができた1年でした。

また、後半戦は見違えるように制球力が良くなっており、松井自身はかなり実りのあるシーズンだったのではないでしょうか。

 

「もうプロで不安はない」

昨年シーズンが終わった後そんな話をしていた松井。

今季、エースの則本と共にチームをAクラスへと導いてほしいものです。

 

まとめ

 

楽天はドラフトに強く、過去に田中将大、松井祐樹、そして今年の安楽とよくドラフトの目玉を引いている印象があります。

それだけに、松井や安楽にかかる期待が大きく、楽天の今後数年を担っているといっても過言ではないでしょう。

 

後は野手

昨年は西田が成長を見せてくれましたがまだまだ頭数が足りていません。

今季、もう何人か若手がブレイクすることを期待したいですね。

スポンサードリンク





コメントを残す