The Order: 1886のレビュー 評価や感想

8本日発売のps4独占ソフト「The Order: 1886」。

ps4の独占発売、完全新規タイトルとして前々から注目を集めていた今回の作品。

今回はこの「The Order: 1886」をやってみた感想、評価について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク





 

中世のイギリスが舞台

 

9

 

 

「The Order: 1886」3人称視点のアクションアドベンチャーゲームです。

アクションアドベンチャーゲームですが、ゲームの根幹にある部分はストーリーで、ゲームとしては「ウルフェンシュタイン」「アサシンクリード」に近い感じなように思います。

 

ストリーの内容ですが、

物語の舞台となるのは、イギリス・ヴィクトリア朝中期のロンドン

産業革命による経済成長の真っ只中のイギリスにおいて、人類の成長を驚かす謎の勢力と人類を守るために結成された「オーダー」と呼ばれる騎士団の戦いです。

謎の勢力は、ハーフブリード(※遺伝子変異で誕生した半人半獣)と呼ばれるもので、騎士団「オーダー」とは数百年により戦いを続けており、

それは19世紀になっても戦いは依然として続いていたが、産業革命で大きく発展した科学の力で、人類は戦闘において優位に立てるようになっていました。

そんなハーフブリードとの戦いに明け暮れる中、産業革命による階級格差が顕著になってきた影響のせいか、市民の暴動も起きるなど、「オーダー」はさらに増える敵とも戦うことになります。

 

そんな感じのストーリーとなっていますが・・、

今回プレイヤーはその「オーダー」の騎士団として戦いに加わっていくことになります。

使う主人公の名前はガラハッド卿

 

9

 

歴史上に実在しているあのガラハッド卿です。伝説の騎士にうたわれるガラハッド卿のごとく、本作のガラハッドも高潔であり、最高の騎士となっています。

 

実際にプレーしてみた感想ですが、操作性は基本的に他のアクションゲームと同じです。

 

3人称視点で、ややモッサリした動作で銃を使って敵を倒していく。

アクション性は「ギアーズオブウォー」とよく似ていると思います。

 

9

 

 

グラフィックは最高レベルに綺麗で(というかps4の今までのゲームで一番綺麗)、

「アサシンクリード2」のようなヨーロッパの街並みが好きな人なんかはたまらない作品ですね。

僕は歩いていただけでなんだか楽しくなっちゃいました。

 

ただ難点があるとすれば、ストーリーがかなり短いこと。

僕は今日始めたのですが、5時間半ほどでクリアできてしまいました。

そのうち半分はムービーなので、実質プレイ時間は2時間~3時間ほどになります。

 

後はオフライン専門なので、あくまで1人でやるゲームですね。

 

ストーリーが短いこと、オフライン専門ということもあって、一部ではかなりの低評価をつけられていますが、ゲーム自体は普通に面白いです。

迷っている人がいれば、値段もそれほど高くないので一度買ってみるといいですよ。

スポンサードリンク





コメントを残す