ロードオブザフォールンをやってみた感想・評価 PC版の発売について

5本日発売のps4用ソフト「ロードオブザフォールン」。

「アサシンクリード」や「Watch Dogs」で有名なUBIソフトの新作ソフトで、ジャンルはアクションRPGになります。

本日発売ということもあって、まだ少ししかプレーできていないのですが、やってみた感想を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク





 

高難易度のアクションRPG

 

6

 

 

「ロードオブザフォールン」は中身としては王道の剣と魔法のダークファンタジーな物語となっています。

巷では、「ダークソウル」に似ているとの評判でしたが、実際その通りで、雰囲気、システム、そして難易度の高さなど共通点は多数見られます。

 

物語の内容を簡単に説明すると、

昔人間を支配していた邪神「アディール」が数千年ぶりに蘇ったのを、本作の主人公「ハーキン」が人間界を救うストーリー。

まあ洋ゲーによくありがちな物語設定ですね・・。(笑)

ディアブロなんかもこういった物語だったような気がします。

 

ゲーム内容としては、

まず始める前にプレイヤーの魔法タイプを選択します。

 

5

 

種類は3つあり、攻撃特化の「争い」、回復重視の「癒し」、相手を惑わす「偽り」

選んだ種類によってプレイヤーの特性が変わります。

ちなみにビビりの僕は、「癒し」を選びましたが正直回復量はそんなに多くないです。(笑)

やってないから分かりませんんが、腕に自信のある人はシンプルに「争い」が一番強いような気がしますね。

 

戦闘に関しては、基本的に「ダークソウル」と同じです。

 

5

 

 

普通のゲームに比べて相手が強いので、正面から立ち向かっていったり、ゴリ押しでは雑魚敵にもやられます。

戦闘のうまくいくコツとしては、

・敵と1対1の状をつくる

・立ち止まらなずにクルクル回る

・ヒットandアウェイを忠実に

このあたりを繰り返すことですね。

 

また、相手の一撃がかなり重いので、まずは当たらない前提で行動することが大切です。

装備は主に、重・中・軽の3つの装備があるのですが、慣れていない方はある程度耐久のある重装備がいいかもしれませんね。

僕は最初軽装備だったのですが、これはかなり泣けます。(笑)

最初のボスですぐに死ぬこと死ぬこと・・。

 

「ダークソウル」同様にかなりの難易度で途中で投げだしそうになるかもしれませんが、繰り返し戦っていくと、

相手の動きが分かるようになりいつかは必ず倒せるようにはなっています。

ですので必要なのはゲームテクニックではなく、“根気”ですね。

 

あと、噂されていた通りバグがやや多いです。

僕は3~4時間ほどプレイしたのですが、2度ほどフリーズしましたので、このあたりは今後の改善に期待です。

 

PC版での発売の可能性は??

 

5

 

ロードオブザフォールンは日本ではps4版のみの発売となっていますが、海外でpc版とxbox版も発売されています。

pcユーザーの人としては、日本語版の発売を期待したいところですが、

新規タイトルなこと、「ダークソウル」にかなり似ていることから、日本でヒットすることは難そうな現状を考えると、今後日本語pc版の発売の可能性は低いように思います。

ですのでどうしてもやりたい人はps4版か、もしくはpcの英語版でのプレイとなりますね。

 

ゲーム自体はかなり良くできていて面白いので、迷っている人は是非一度購入してみることをお勧めします。

スポンサードリンク





コメントを残す