wowow新ドラマ「天使のナイフ」 ネタバレやあらすじ、キャストについて

92月22日(日曜日)より始まる新ドラマ「天使のナイフ」。

気鋭の作家、薬丸岳さんお人気作品が遂にwowowでドラマ化されることもあり、注目を集めています。

今回は、そんな新ドラマ「天使のナイフ」のキャスト一覧、また原作のあらすじやネタバレについて紹介していきます。

スポンサードリンク





 

キャスト一覧

 

出演者

・小出恵介
・倉科カナ
・藤本泉
・千葉雄大
・町田啓太
・村上虹郎
・北村匠海
・清水尋也
・和田正人
・手塚とおる
・若村麻由美

 

原作 薬丸 岳
脚本 尾西兼一
プロデュース 喜多麗子
演出 永山耕三

参照:公式HP

 

主演は小出恵介さんなんですが、小出さんって今年で31歳なんですね・・。

僕の中では未だに「ルーキーズ」の時の印象が強すぎて、今もまだ大学生くらいだと思っていました。(笑)

 

少年犯罪がテーマの物語

 

5

 

「天使のナイフ」は、2005年に出版された作家の薬丸岳さんのデビュー作品です。

薬丸さんと言えば、「闇の底」「虚夢」でも有名ですが、代表作はなんといっても今回ドラマ化する「天使のナイフ」でしょう。

第51回江戸川乱歩賞にも選ばれたこの作品は、とてもデビュー作とは思えないほどのクオリティーの高い作品です。

実際に賞を決める審査の予選の段階から独走状態で、本選でも満場一致で決まったらしいですね。

 

 

この「天使のナイフ」の物語のあらすじとしては(少々ネタバレを含みます)、

ある日、結婚して平和な日常を過ごしていた夫・桧山貴志(小出恵介)とその妻・祥子(藤本泉)に事件が起きます。

生後5ヵ月の娘の目の前で妻の祥子が殺害されるという事件が・・。

 

捜査の結果、13歳の少年3人による犯行だということが分かりましたが、13歳という年齢だったこともあり、罪に問われることはありませんでした。

罪に問うことができない未成年犯罪という事態に、夫の貴志はどうしようもない葛藤を抱えながらその後の生活を余儀なくされます。

 

しかし4年後、貴志の職場の近くで犯人の1人が誰かに殺されてしまいます。

殺されたのは貴志の職場の近くだったこと、妻を殺された恨みがあるとして貴志は疑惑の人となってしまいます。

ほどなくしてまた1人、犯人が殺される。

「恨んでいたのは事実だし殺してやりたかったのもまた事実だ・・。でも俺は殺していない」

 

あらゆる疑惑が貴志に向けられる中、貴志はある妻の隠された秘密を知ることになります。

それは昔、あるナンパされた男たちとおじさんを騙して金を巻き上げて帰ろうとした際に、金を巻き上げたおじさんに見つかってしまい、その後揉み合いになった際にそのまま殺してしまったということ・・。

夫の貴志でさえ知らなかったその事実を、もし知っていた人間がどこかにいたとすれば・・・、

 

結論を言うと、妻の隠された秘密とはある男を殺してしているということで、犯人はその男の娘、貴志の店で働いている喫茶店の女の子になります。

殺した詳しい経緯などはドラマの方で確認してみるといいですよ。

復讐、憎悪、盲目、あらゆる人間の複雑な感情が交差する物語となっています。

 

 

ドラマの開始曜日は、

 

2月22日 (日曜日)  22:00

 

となっています。第1話は無料放送になっていますので、wowowに加入していない人でも、ためしに視聴してみるとといいですよ。

スポンサードリンク





コメントを残す