2015年プロ野球新人王候補 ~パリーグ編~

1キャンプ開幕まであと2日となりましたね。

各選手ぼ自主トレも終了してそろそろキャンプの準備に取り掛かっているところでしょう。

今日は前回のセリーグ編に続きパリーグの新人王候補を紹介します。

スポンサードリンク





 

パリーグ新人王候補

 

1. 有原航平 (日本ハムファイターズ)

 

1

 

 

今年のパリーグ新人王の大本命と言えば、やはりこの有原でしょう。

早稲田大学時代は、大学No.1投手として注目を集め、ドラフトでは、阪神、横浜、広島、日本ハムの4球団が競合した文句なしの超逸材です。

身長187cmでややスリーく気味から放たれるストレートは最速156kmを誇り、変化球の精度も抜群。

その姿はかつて日本ハムで活躍したダルビッシュ有を彷彿とさせるものがあります。

 

早稲田大学出身で、ドラフト4球団競合の末日本ハムに入団した投手と言えば、斎藤佑樹が思い浮かびますが、大学時代の実力に関しては有原の方が上だと思います。

大谷翔平を筆頭に、若手の先発競争が激しい日本ハムですが、有原には1年目から先発ローテーション入りすることが期待されます。

 

2. 安楽智大 (楽天イーグルス)

 

3

 

大学No.1投手が有原なら高校No.1投手はこの安楽でしょう。

最速157kmを誇るこの剛腕は、潜在能力なら今回のドラフトで最高の選手だと思います。

 

最大の武器はやはりストレート。

高校生離れしたそのスピードボールは、プロでもなかなかお目にかかれないほど速く、ヤクルトの佐藤、日本ハムの大谷に続くプロ3人目の160km投手になれる可能性を秘めています。

 

ただ、懸念材料もあります。

高校1年の時から連投を続けていた影響もあり、2年生の秋に右ひじ痛め、その後は本来の姿に戻ることなく、高校野球を終了。

投げ方自体もかなり体に負担がかかる投げ方ですので、プロで長く続けられるかはやや不安です。

 

3. 山崎福也 (オリックスバッファローズ)

 

4

 

 

明治大学出身のサウスポー山崎も新人王候補の1人です。

最速149kmのストレートとスライダー、カーブ、フォークといった多彩な変化球を武器に打者を打ち取っていくタイプの投手です。

中でも縦に大きく割れるカーブは今すぐでも十分に通用しそうなほどのキレがあり、プロでの打者でも手こずるのではないでしょうか。

 

縦のカーブ、フォークといった変化球を駆使して打ち取っていく投手と言えば、オリックスのエース金子千尋がいます。

今年から先輩になる金子の姿を参考に、飛躍を遂げて言ってほしい投手です。

 

4. 田中英祐 (千葉ロッテマリーンズ)

 

5

 

 

史上初の京大出身のプロ野球選手ということで注目を集めている投手です。

勿論ただのインテリではなく、最速149kmを誇る本格派右腕です。

試合を組み立てる能力が素晴らしく、決して強豪とはいえない京都大学で大学通算8勝。

投手の数が圧倒的に不足しているロッテの事情から考えると、1年目からチャンスは十分にあるのではないでしょうか。

 

ちなみにこの田中投手。

実は大手総合商社三井物産から内定を貰っていたんだとか。

安泰が約束された会社を蹴ってまでプロに挑戦する田中投手は応援したくなる投手です。

 

まとめ

 

今年のドラフトの目玉はパリーグに集中しましたから、セリーグ以上に白熱した新人王争いが見られるのではないでしょうか。

やはりこの中で注目したいのは有原ですが、京大期待の星、田中にも注目が集まる今季のルーキー達。

 

誰が新人王レースを制するのか、今から注目です。

 

ちなみに僕の予想↓

 

本命 有原 (日本ハム)

対抗 山崎 (オリックス)

大穴 田中 (ロッテ)

 

スポンサードリンク





コメントを残す