2015年スーパーボウルまであと少し!! 10年ぶりの優勝か連覇か 

スーパーボウルいよいよ決戦が近づいてきた第49回スーパーボウル。

今年は例年以上に盛り上がりそうなカードとなりました。

10年ぶりの優勝を狙うニューイングランド・ペイトリオッツと昨年に続き連覇を狙うシアトル・シーホークス。

攻撃のペイトリオッツと守備のシーホークス。

対照的なチームカラーを持つ両チームですが、果たして栄冠はどちらの手に渡るのでしょうか??

スポンサードリンク





 

ニューイングランド・ペイトリオッツ

 

ペイトリオッツ

 

 

ペイトリオッツが最後に優勝したのはもう10年前になります。

かつてはQBのトム・ブレイディに加え、WRデイビッド・パッテン、LBテッド・ジョンソン、CBタイ・ローといった名選手を擁し圧倒的な力を披露。

「Patriots Dynasty」(ペイトリオッツ王朝)と言われた時期もありましたが、その後は10年優勝から遠ざかっています。

 

しかし、今年、チームとしての完成度はいまいちながら、圧倒的な攻撃力でここまで相手をねじ伏せてきました。

リーグ屈指のタレント集団であるペイトリオッツ。

 

そんなペイトリオッツの中心メンバーを紹介していきます。

 

1. トム・ブレイディ (QB)

 

トムブレイディ

 

 

ペイトリオッツの“象徴”といえばやはりこの選手でしょう。

ペイトン・マニングと並んで、2000年代を代表するQBのトム・ブレイディです。

その右腕から放たれる正確なパスと、大一番で力を発揮する強い精神力で何度もチームを救ってきました。

 

かつての「Patriots Dynasty」時代からの中心選手として、10年ぶりの悲願にかける思いは人一倍強いはず。

ペイトリオッツの決勝の勝敗は、この人の右腕にかかっているといっても過言ではありません。

 

2. ロブ・グロンコウスキー (TE)

 

12ダウンロード

 

 

ペイトリオッツの若きスター。

TE(タイトエンド)として非常に完成度の高い選手で、ブロックのうまさ、レシーブの技術、当たりの強さ、どれをとっても一流の選手です。

フィールド外での素行については色々と言われますが、実力は文句なし。

ペイトリオッツの攻守の要と言っていい選手でしょう。

 

3. ジュリアン・エデルマン (WR)

 

15

 

 

今シーズン、リーグ屈指のWRに成長したエデルマン。

ペイトリオッツには、これまでウェス・ウエルカー(現ブロンコス)という選手がいて、2012年に退団して以降はなかなかウエスカーの代わりを務められる選手がいませんでした。

しかし今シーズン、エデルマンは確実に成長を遂げ、ウエスカーの影は確実に消えつつあります。

今回のスーパーボウルで、更にもう一段上の選手への飛躍を期待したい選手です。

 

シアトル・シーホークス

 

1

 

 

昨シーズンの覇者シーホークス。

その固い守りで、粘り強く2年連続のファイナルへと駒を進めてきました。

 

シアトルと言えば、野球チームが万年最下位のイメージがあり(笑)、

あまりスポーツは強くなさそうなのですが、そういったイメージを払拭するためにも今回の連覇に向ける期待は大きいものがあります。

そんあシーホークスの中心選手を紹介します。

 

1. ラッセル・ウィルソン (QB)

 

2

 

 

シーホークスの若きQB。

身長180cmとアメフトプレーヤーの中ではかなり小柄な部類に入りますが、その体格のハンデを補ってなお余りあるほどの正確なプレーが持ち味の選手です。

余談になりますが、このウィルソン実は野球の才能もあったらしく、MLBテキサスレンジャースの練習に参加するなど、アメリカでは“二刀流”としても注目されている存在です。

 

2. リチャードシャーマン (CB)

 

3

 

 

特徴的なドレッドヘアーと大胆な発言で注目されるシャーマン。

最大の武器はその圧倒的な身体能力の高さ。

CBとしてはかなり大柄な体格の持ち主で、パワー溢れるプレースタイルの選手です。

怪我の状況が心配されますが、何とか決勝戦に間に合ってほしいものです。

 

3. アールトーマス (FS)

 

4

 

 

シーホークスの守備の要。

身長178cmと体格は決して恵まれてはいないものの、圧倒的な守備範囲の広さで体格のハンデをカバーしています。

最大の特徴は40ヤードを4.37秒で走る脚。

このスピードこそ、トーマスの守備を支える最大の真骨頂です。

決勝でも、圧倒的な攻撃力を持つペイトリオッツをどう止めるのか注目したいところです。

 

 

決勝は日本時間2月2日キックオフ

 

決勝まであと5日といよいよ目前にまで迫ってきました。

攻撃のペイトリオッツと守備のシーホークス。

最強の矛と最強の盾。

果たしてどちらが栄冠を手にするのか今から楽しみですね。

 

ちなみに僕の予想は・・・、

“ペイトリオッツ”です!!

スポンサードリンク





コメントを残す